【ランサー エボリューション】最終モデルの一台がオークションに

この記事は2分で読めます

【ランサー エボリューション】最終モデルの一台がオークションに

あわせて読みたい記事:「SUBARU WRX STI」 世界に通用するほど速いのか?

あわせて読みたい記事:【スバル レヴォーグ】 遂にデビューする「STI」の価格・仕様

あわせて読みたい記事:【旧車】 鈴鹿 サウンド オブ エンジン 2016 車 まとめ

「三菱自動車」のアメリカ法人である、「三菱モータースノースアメリカ」社は9月8日、「ランサー エボリューション」の最終仕様「ファイナル エディション」の最後の1台を、なんと「チャリティオークション」に出品すると発表しました。「ランサー エボリューション」に関しては、日本においても「ファイナル エディション」の先行予約を2015年4月に開始しましたが、「限定1000台」の販売は早期に完売しており、8月下旬から納車が始まりました。10月に発表されたアメリカ向けの「ファイナル エディション」では、日本を600台上回る「限定1600台」で発売されました。アメリカのファンの熱い期待に応えるモデルです。

アメリカ仕様の「ファイナルエディション」でも、日本同様に、「GSR」グレードの5速MT車がベースモデルとなっています。ただし、搭載されている2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力:303ps / 6,500rpm、最大トルク:42.2kgm / 4,000rpmとなっており、日本国内仕様の最大出力:313ps、最大トルク:43.7kgmに対しては、若干抑えられたスペックとなっています。

  • car-me-jp-2
  • (出典:car-me.jp)

足回りも熟成されたスペシャルチューンが施された仕様となっています。「ブレンボ製ブレーキ」、「ビルシュタイン製ダンパー」、「アイバッハ製スプリング」を装備しており豪華な仕様です。

  • car-me-jp-3
  • (出典:car-me.jp)

またエクステリアも「ブラックルーフ」、ホイールはダーククローム塗装の「エンケイ製アルミホイール」、そして「シリアルナンバー入りプレート」などが採用されています。

そして、「三菱モータースノースアメリカ」社は、この「ファイナル エディション」の最後の1台となる1600台目を、「eBay」のオークションに出品することになりました。

  • minkara-carview-co-jp-1
  • (出典:minkara.carview.co.jp)

ボディカラーは、「ダイヤモンドホワイトパール」のカラーリングのモデルです。

「eBay」のオークションは9月15日に終了予定で、オークションの収益は慈善団体に寄付するということです。

そしてなによりも、「ファイナル エディション」の最後の1台となる1600台目であるゆえに高値落札も予想されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。