【ネスト】AIを搭載したセキュリティカメラを発表!どんな技術?

この記事は2分で読めます

【ネスト】AIを搭載したセキュリティカメラを発表!どんな技術?

あわせて読みたい記事:【ロボット】 最新型「AI」は、学習機能によって家事もこなす?

あわせて読みたい記事:【ソーラー エクスプレス】「月」まで2時間?未来の高速鉄道とは

あわせて読みたい記事:ランキング】錦織圭がテニス選手の年収:TOP12にランクイン

「ネスト」社がセキュリティカメラ製品に、周囲の情報を認識させる動きを進めているということですが、どういうことなのか。9月8日に、「アルファベット」傘下の「ネスト」社は、同社の2つのセキュリティカメラ製品が「グーグル」の「ディープラーニングソフト」と連携を開始したと発表しました。

今後、「ネスト」の「カメラが捉えた動画データはサーバに送られ、ソフトウェアが動画内に人が映っているかを判別し、人を発見した場合にはユーザーにアラートを送信する。」というものです。

現状では、ソフトウェアが判別できるのは人間に限られていますが、「将来的には特定の人物や見慣れない車が侵入しようとした際に、それが判別可能になる」と、「ネスト」社の製品マーケティング部門の「マキシム・ベロン」氏はコメントしています。

「ネスト」社によると「動画データは独自のサーバで解析され、グーグルのサーバには残らない」ということです。「ネスト」社は、「グーグル」から「ディープラーニング」のソフトウェアの供給を受け、アルゴリズムの調整を共同で行なうということのようです。

このソフトは、「グーグル」が「グーグルフォト」に使用するものと同じもので、動画を自動的にソートし、ラベルづけを行なうことになっています。

「ネスト」社は、これまでユーザーの許可を得た上で、「ディープラーニング」技術でセキュリティカメラの動画から特定の人物を割り出す実験を行なってきました。今回の試みは、「アルファベット」傘下の「グーグル」社と「ネスト」社が共同で行なう、これまでで最もダイレクトな取り組みと言えますが、水面下ではさらなる連携も始まっているようなのです。先週には数十名のネスト社員が「グーグル」社に移籍し、「IoTプラットフォーム」に関わる業務を開始したというのです。

「マキシム・ベロン」氏によると、今後ますます「ネスト」社と「グーグル」社のこの分野での協調は進化していく見込みだということです。「2社が連携を深めることで、顧客らにより良い機能を提供したい」とインタビューでコメントしています。

「ネスト」社に関しては最近、企業運営に関するごたごたが取り沙汰されてきました。「ネスト」社の創業者の「トニー・ファデル」氏は、ニュースメディア「Information」が社内の内情の詳細を暴露する記事を掲載した直後の今年6月に会社を去ったということがありました。

「ネスト」社は、2014年にセキュリティカメラメーカーの「Dropcam」を「5億5,500万ドル(約564億円)」で買収しましたが、「Dropcam」の創業者の「グレッグ・ダフィー」氏と「アルミール・ビラニ」氏らは、「トニー・ファデル」氏の経営方針に不満を募らせていたということでした。「グレッグ・ダフィー」氏は、「グレッグ・ダフィー」氏の人柄を「独裁的な官僚主義者」とコメントしており、事業の前進を妨げたと評していました。

  • fobesjapan-2
  • (出典:fobesjapan)

その後、元「モトローラ・モビリティ」社の副社長の「Marwan Fawaz」が「ネスト」社のCEOに着任し、彼の配下で事業は順調に進んでいるようなのです。「Marwan Fawaz」は、「ネスト」社に参画後すぐに同社の屋外セキュリティカメラ部門を立ち上げ、ソフト面での改善もスタートしました。今回の動きもその一貫と見られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。