【健康】運動すれば飲酒に伴うリスクは相殺される?どんな運動が必要?

この記事は2分で読めます

【健康】運動すれば飲酒に伴うリスクは相殺される?どんな運動が必要?

あわせて読みたい記事:【ゴキブリ】 将来的にサプリメントに? ゴキブリミルクとは?

あわせて読みたい記事:【いきすぎた食事】ジャンクは美味しい 最も不健康メニューリスト

あわせて読みたい記事:【飛行機】格安航空「ピーチ」の機内食が世界的に高評価とは本当?

アルコールが好きな方に朗報となる研究結果が明らかになりました。これまでも「適量」のアルコールは体に良い、などといわれてきましたが、アルコールとともに大切なのは「運動」の関係を改善することが大切のようです。

「運動をすると、飲酒によって高くなった「がんの死亡リスクを相殺」できる。」という研究が、学術誌である「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・スポーツ・メディシン」でこのほど発表されたのです。

なんと「運動にはアルコールに起因するあらゆる死亡リスクを軽減する効果」があるというのです。

シドニー大学医学大学院の「エマニュエル・スタマタキス」准教授らの研究チームは、イングランドとスコットランドで行われた健康調査を分析したようです。調査対象である40歳以上の3万6,370人を、「あまり運動をしていないグループ」と、「運動をよくするグループ」、そしてその中間の3つのカテゴリーに分類しました。次にアルコール消費量を調べていきます。研究によれば、平均して10年近くにわたる追跡調査の間に死亡した人の数は、5,735人だったようですが、生涯にわたって酒を飲まなかった人と比べると、アルコールの飲酒量が多かった人の死亡リスクはすべての死因において高くなっていたということなのです。また、「週あたりの飲酒量が増えると、がんで死亡するリスクも高まる」ことが分かったのです。これは、なんと「飲酒量が推奨される枠内であっても同じ」だったというから驚きです。

ところが「速歩」や「水泳」といったそれほど激しくない「有酸素運動を週に150分間」やっていると、アルコールによって増加したがん死のリスクは「完全に相殺されるとみられる」とシドニー大学医学大学院の「エマニュエル・スタマタキス」准教授はコメントしています。

また、こうした「有酸素運動を週に150分間」していると、「飲酒に関係するすべての死因による死のリスクも軽減される結果」になったということです。

だからといって運動すれば、アルコールによって増加したがん死のリスクは「完全に相殺されるとみられる」という研究結果からアルコールをいくら飲んでも大丈夫というわけではありません。各人に任されている自己責任ではあるものの、やはり少量に抑えて運動もするというのが健康の秘訣でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。