【吉川プリアンカ】ミス・ワールド日本代表は象使い? どんな人?

この記事は2分で読めます

【吉川プリアンカ】ミス・ワールド日本代表は象使い? どんな人?

あわせて読みたい記事:【ランキング】ミランダ・カー、モデル年収TOP20に 1位は?

あわせて読みたい記事:【深田恭子】 最新画像と過去ベストショット比較 最高にイイの?

あわせて読みたい記事:【セレブ】ジョニー・デップと離婚のアンバー・ハードの和解金は?

2016年の「ミス・ワールド日本代表」を選ぶ選考会でこのほど、「象使い」というユニークな資格を持つ「吉川プリアンカ」さん(22)が優勝しました。12月にアメリカの首都ワシントンで開かれる「ミス・ワールド世界大会」に出場することが決定しました。

この「ミス・ワールド」は、世界3大ミスコンテストの中でも最も歴史が長いもので、1951年にイギリス・ロンドンで第1回大会が行われ、64年にわたって毎年開催されている「ミスコンテスト」の一つです。

「吉川プリアンカ」さんは、東京でインド人の父と日本人の母の間に生まれており、「ハーフ」です。実に「ハーフ」の女性が日本代表に選ばれたのは、2015年の「宮本エリアナ」さんに続いて2人目という快挙です。2015年の「宮本エリアナ」さんは、黒人の「ハーフ」で、残念なことに優勝した時は否定的なコメントが殺到していました。

しかし、「宮本エリアナ」さんの優勝は、多くの女性を勇気づけるものとなりました。「吉川プリアンカ」さんもTV局の取材に対し、「宮本エリアナさんと個人的な面識はないけれど、ずっと彼女のファンだった。彼女に勇気づけられて勝利を目指そうと思った」とコメントしています。

「吉川プリアンカ」さんはの優勝に対するソーシャルメディアの反応は大部分が好意的でした。しかし、やはり一部の反応には否定的なコメントもあったのが事実です。中には「純日本人は、応募できないの?」などの投稿もあったからです。

アメリカやインドで過ごして日本に帰国すると、出生について尋ねられることもあったという「吉川プリアンカ」さんは、否定的なコメントや過度な詮索にも屈することもなく「芯の強さ」を備えた「大和撫子」なのです。「吉川プリアンカ」さん自身も「日本も世界も多様化しつつあると感じている」というコメントをされています。

「ミス・ワールド日本事務局」の代表は、日本の美の基準は変わりつつあると指摘しており、「吉川プリアンカ」さんは「外見」と「社会への貢献」の両方を評価して選ばれたと説明しています。今のところ批判的な意見は寄せられていないともコメントしており、「吉川プリアンカ」さんは日本を代表するにふさわしい人物だと高く評価しています。


「ミス・ワールド日本代表」でのPR

  • missword.jp 1
  • (出典:missword.jp)
  • 出身地:東京都
  • 身長:176cm
  • 3サイズ:B80/W62/H90
  • 趣味特技他:日本語、英語(英語検定2級)、ベンガル語、アートセラピスト、像使い、普通運転免許、キックボクシング、1人旅、読書、
  • 絵PR:通訳。私は、幼少期から海外へ行く機会が多くあり、9歳の時にインドに一年間住んでいました。インドは貧富の差が激しい国です。身をもって、貧困を目の当たりにしました。その時から、自分には何かできることがないかと考え、支援物資と寄付活動を続けてきました。世の中で本当に何が起きているか、知らないことは怖いです。今世界は危機と変化の中にあると感じます。今この瞬間にも悲しいことが多々起きています。あまり多くが報道されないからこそ、私は情報をたくさん発信していき、活動プロジェクトを立ち上げていきたいです。特に、将来を担う子供達を応援したいので、チルドレンホームを作りたいと思っています。そのためにも、私は世界に認められるミスワールドジャパン代表を目指します。日本には、素晴らしい技術がたくさんあります。その中でも、日本の医療は高い水準のあります。しかし、日本人はコミュニケーション能力が弱いと言われています。私の強みは、伝えることです。現在ボランティアの一つとして、医療通訳をしています。その経験を生かして、日本と世界を繋げ、医療が十分に行き届いていない国々に安全な医療を届けていきたいです。

(出典:missworld.jp)


「吉川プリアンカ」:画像 

  • news.goo.ne.jp 1
  • (出典:news.goo.ne.jp)
  • mainichikirei.jp 1
  • (出典:mainichikirei.jp)
  • missword.jp 3missword.jp 2
  • (出典:missword.jp)

今後の活躍に期待したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。