【Nvidia】 中国の「バイドゥ」と自動運転技術で提携する!

この記事は2分で読めます

【Nvidia】 中国の「バイドゥ」と自動運転技術で提携する!

あわせて読みたい記事:【ロボット・ドローン】世界で活躍が期待される最新型の使用とは?

あわせて読みたい記事:【ランキング】世界で最も革新的な企業:TOP50 トヨタは上位

あわせて読みたい記事:【飛行機】 「フロート空港」実現に向かう、海に浮かぶ空港とは?

今、世界が注目しているテクノロジーの一つに「自動運転システム」の分野を挙げることができるでしょう。そのような中、この「自動運転車分」野への進出を狙うグラフィックチップメーカーのアメリカ「Nvidia」社が、中国の「バイドゥ」と提携し、「AI」を利用した自動運転車向けのマッピングシステムを開発することが明らかになりました。

「Nvidia」社の「ジェンスン・ファン(CEO)」は、北京で行われた「バイドゥ世界大会(Baidu World Conference)」で、同社が開発した自動運転を制御する「ハードウェアDrive PX」と「バイドゥ」のマッピング技術やクラウドプラットフォームを組み合わせると話しました。このプロジェクトでは「クラウドと自動運転車を結ぶアーキテクチャーを構築するために、AIにおける技術力や専門性と、2つの世界クラスのAI企業のスケール」を組み合わせると「ジェンスン・ファン(CEO)」はコメントしています。

「Nvidia」社は先週、「Drive PX」のアップデートを発表しました。「Drive PX」は、道路や交通状況を把握し、自動車の頭脳となるコンパクトなスーパーコンピューターです。運転免許証ほどの大きさの「Drive PX 2」は、ディープラーニングを通じて道路状況や車種、歩行者やランドマーク等の情報を学習できます。そして、周辺の障害物や交通状況に対処することもできます。「Nvidia」社 によると「Drive PX 2」は、ディープラーニングによる学習を1秒に24兆件処理できるということです。

「Nvidia」社の技術は、80社の世界の自動車メーカーらが導入を検討しているということです。中国の自動車メーカーである「吉利汽車(Geely Automobile)」傘下の「ボルボ」社は、自動運転車:「XC90 SUV」のプロトタイプに「Drive PX」システムを導入しています。

自動運転車が走行するためには、自動車に「コンピューティング・ハードウェア」と「AIアルゴリズム」を搭載し、常時更新されるクラウド上の3Dマップを活用することなどが必要になります。「バイドゥ」は先週、カリフォルニア州において自動運転車の試験走行を行なう許可を獲得しました。同州では、すでに「グーグル」や「フォード」、「トヨタ」を含む10社以上の自動車メーカーやテック企業が自動運転車の試験走行を開始しています。

  • nvidianews.nvidia.com 1
  • (出典:nvidianews.nvidia.com)

「バイドゥ」の試験も「かなり近いうちに」始めると、同社の上席副社長で自動運転車部門のゼネラルマネージャーでもある「ワン・ジン」氏は声明で述べました。「バイドゥはすでにシリコンバレーに自動運転技術を開発するための強力なチームを設置しており、試験走行の開始により開発が大きく進みます」とコメントしています。

「バイドゥ」は8月、自動車の周囲の360度3Dマップを作るための「ライダー(Lidar)センサー」のメーカーである「ベロダイン」社に対し、「フォード」と合計で「1億5,000万ドル(約156億円)」を出資しているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。