「YAMAHA TDR50」…2STを教えてくれたBIKE

この記事は2分で読めます

「YAMAHA TDR50」

子供が、車やバイクに興味を持ちだして、どんなの乗っていたのか?と聞いてきたので、いろいろと写真を見ていて思い出したのが「YAMAHA TDR50」なんですけど、昔のマイナーなバイクなんで…。

  • 「YAMAHA TDR50」

「YAMAHA TDR50」とは、1988年にデビューしたバイクなんですけど、当時としては装備が良かったんです。

「前後ディスクブレーキ」「モノクロスサスペンション」「6速トランスミッション」「タコメーター」「12インチキャストホイール」、そしてエンジンは、名車「RZ50」のものが搭載してあり、最大出力は、規制いっぱいの7.2PSでした。

2ST独特のレスポンスとパワーバンドの心地よさがありました。

「NSR」「TZR」とかレーサーレプリカの装備をモトクロスに装備している感じのミニ「スーパーバイク」といったところでしょうか。

乗車ポジションから長時間のロングツーリングも疲れませんでしたし、街中でも快速でした。

当時、高校生の若造にとっては、オールマイティな相棒として活躍してくれました。

でも「峠」では、足回りがスーパーバイクということもあってサスペンションのストロークが大きくてフニャフニャで、バイクを寝かせてコーナリングしていると、リアサスが上下にバウンドして安定せずにステップをガリガリと削って、走っていました。

まだスーパーバイクというカテゴリーもマイナーで走らせ方も知らずに、膝スリして走っていましたからね。

でも、この「YAMAHA TDR50」で2STエンジンの楽しさを知ることができました。 Yamaha_TDR250

YAMAHA TDR250(photo:wikipedia)

TDR250は、TZR250のエンジンを搭載しています。

 

  • 当時の流行カスタム

その後、当時は旧車をカスタムして現行モデルに対抗するような仕様が流行っていて、たとえば「RD400」「RZ250」に「TZR250」の足回り移植、ホンダであれば「CBX400F」に「VFR400R」のプロアームを移植とかが流行っていましたね。

私は、2STトリプルの独特の排気音と白煙に憧れて「KAWASAKI MACH」シリーズにのめり込んでいくことになるのですが….。

そうそう私の「YAMAHA TDR50」のカスタムは、そんなにイジっていなくてレース用の2本だしイレンサー、TT90タイヤ(懐かしい!)、前後デイトナパッド、デイトナ水温系、バーハン仕様、ビッグキャブ、プラグの番上げくらいでした。

外装はイエローでアンダーカバー取っ払って、ウィンカーを前後埋め込みタイプにしてスッキリさせていました。

こんな仕様でも100km/hオーバーでしたからね。

当時のバイクって楽しければイイという作りで規制がなかったのでちょっとイジると、それなりのポテンシャルを発揮してくれていました。

今、乗っている人っているのかなぁ…「YAMAHA TDR50」。

また跨ってみたいなぁと子供に話していましたが、6歳児には???な顔されてLEGOに夢中になっていました。  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。