【核ボタン】本当に存在?大統領はボタンを押す権限を持ってるの?

この記事は2分で読めます

【核ボタン】本当に存在?大統領はボタンを押す権限を持ってるの?

あわせて読みたい記事:【ランキング】テロ組織の資金は、一体どれくらいか? TOP10

あわせて読みたい記事:【インド】新型潜水艦の重要機密が情報漏えい!各国に問題が広がる

あわせて読みたい記事:【飛行機】ベトジェットエア:売り上げ倍増の秘訣はCA? 画像

アメリカ大統領選の民主党候補に指名された「ヒラリー・クリントン」前国務長官は、共和党候補の実業家「ドナルド・トランプ」氏に関し、核兵器を発射する権限を託すには不適格だと批判しています。サンディエゴで行った演説では、「トランプ氏の指を核のボタンの近くに置いていいのか」と聴衆に問いかけました。これに対し「ドナルド・トランプ」氏は、最終手段としてしか核兵器を使うつもりはないと反論しています。

それにしても、「核のボタン」は存在するのでしょうか?

答えは、NO!なのです。

実際には「核のボタン」は存在しないのです。

しかし、その代わりに大統領は「ビスケット」と呼ばれる、核兵器の「発射コードを記したカード」を持つのです。またアメリカ軍の将校が「フットボール」の通称で知られる「ブリーフケース」を持っており、その中に核攻撃を発動するのに必要な装置と情報が収められているというのです。

「レーガン」元大統領の政権下で3年間、5人の交代要員の1人としてブリーフケースを持ち歩いていた「ピート・メツガー」氏は、核弾頭がワシントン特別区やニューヨーク市に着弾するまで5~6分しかかからないとコメントしています。このため「いかなる時でも準備しておかなくてはならない」ということです。ブリーフケースを持った軍の側近は常に大統領のそばにいることが求められています。大統領と同じエレベーターに乗り、ホテルでも同じフロアに滞在しているとのことです。周辺警護を担当するシークレットサービスの要員も同一ということのようです。大統領が職務を遂行できなくなった場合に備え、副大統領用のフットボールも用意されているということです。

特別な「ブリーフケース」?

ブリーフケースの正式名称は「大統領緊急カバン」と呼ばれており、ホワイトハウス軍事局のトップを務めた「ビル・ガリー」氏の著書によると、この中には次の4点が収納されているとのことです。

「攻撃の選択肢の一覧を記した黒い手帳」、「大統領が避難できる掩ぺい壕のリスト」、「緊急警報システムの使用に際しての手引書」、そして「大統領の本人確認のために使う認証コードを記載した小さなカード」です。

「ピート・メツガー」氏は、こうした「装置や書類について、大統領が迅速に攻撃の意思決定を行い、軍の関連部門に指示を出すためのものだ」とコメントしています。「ピート・メツガー」氏は、このケースを持ち歩く役目に選ばれる際、「アメリカ国防総省」や「シークレットサービス」、「アメリカ連邦捜査局(FBI)」による厳しい身元審査を受けました。その一方、大統領の側ではこうした審査を経ていないとの批判があるようです。

また核兵器の発射を実行する軍当局者は、ペアで動くことを求められ、発射には両者の合意が必要となるが、大統領の行動に関してはこうした制約は課されていないようです。軍縮管理協会の「キングストン・ライフ」氏は、「核兵器使用の可否を決定する当たっては大統領が絶大な権限を持っている」とコメントしているからです。大統領の決断を「阻止するためには部下が造反を起こす」しかなく、その場合も2人以上が大統領の命令に逆らう必要があるのです。

「キングストン・ライフ」氏も述べるように、こうした決定の重要性はかつてなく高まっていることが現状のようです。

アメリカは現在、約900発の核弾頭を配備しており、個々の核弾頭は、広島や長崎を壊滅させた核兵器の10~20倍の威力を持っているからです。

ただ「ピート・メツガー」氏の経験では、「フットボール」を持ち歩いた5人の将校と同様、大統領は核兵器発射の責任を非常に重く受け止めているということです。「ピート・メツガー」氏は「大統領の決断の影響はグロテスクなまでに大きい。地球の姿を変え、人間や人類のあり方を一変させる可能性もある」と指摘。「職務に就いている間はその重要性について考えないようにしていると思う。だが、いざという来れば決断を下す用意はできている」とコメントしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。