「kawasaki・Z400FX」 硬派 カワサキらしい角「Z」

この記事は2分で読めます

「kawasaki・Z400FX」

あわせて読みたい記事:「HONDA・CBX400F」 35年を経ても色褪せない魅力

  • 1979年デビューとなる「フェックス」。角型「Z」の代表格として「kawasaki・Z400FX」は1979年4月に誕生しています。現在では常識はずれな価格で取引されている「名車」です。時代を超えて愛されている「フェックス」は、次期モデルが登場後も生産が持続されるほどの人気ぶりでした。その後、「YAMAHA・XJ400」、「SUZUKI・GSX400F」が、それぞれ最大出力45PSで登場し、最後発となる「HONDA・CBX400F」は48PSで登場し、「フェックス(Z400FX)」はポテンシャルではライバルに一歩譲ってしまい、Kawasakiは、1982年に後継モデルの「Z400GP」が登場させることになります。

carcast.jp fx2

  • (出典:carcast.jp)
  • しかし、ポテンシャル以上の硬派なデザイン性やkawasakiのDOHC 2バルブ 400ccの独特のエンジンサウンドの人気は衰えることなく、1982年12月にリバイバルされたのでした。年代別モデルの型は、「E1型」から「E4型」までとなっており、1982年登場モデルが「E4型」となっています。

「デザイン」と「名称」

  • それまでの「Z」シリーズは、「750RS(Z-II)」をはじめとして丸みを帯びたタンク、丸テールが特徴となっていましたが、「Z400FX」は、角型デザインのタンク、ウィンカー、テールにキャストホイールとなり一新されたデザインであり、車格も大柄に見えるデザインとなりました。
  • また「FX」の名称は、「F」が4気筒を意味し、「X」は1970年台に航空自衛隊次期主力戦闘機導入計画の「第3次F-X」をしめす「Fighter-Experimental」を略した名称と言われています。

Kawasaki_Z400FX

「Z400FX(E1型)」(photo:wikipedia)  


「搭載エンジン」

www.bikebros.co.jp fx

(出典:www.bikebros.co.jp)

  • 搭載されているエンジンは、排気量399cc(ボア×ストローク:52mm×47mm) 直列4気筒 DOHC 2バルブで、「HONDA・CB400FOUR」以来の4気筒モデルで市場は大歓迎でした。
  • 圧縮比9.5:1から最大出力43PS/9,500rpm、最大トルク3.5kgm/7,500rpmを発生し、軽く12,000rpm以上の回すことができる高回転のエンジンは、2速で100km/hオーバーも可能なポテンシャルでした。

「Kawasaki Z400FX」主要スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:2,100 × 785 × 1,125(mm)
  • 車両重量:189kg
  • エンジン形式:空冷直列4気筒 DOHC 2バルブ
  • 排気量:399cc
  • 圧縮比:9.5:1
  • 最大出力:43PS / 9,500rpm
  • 最大トルク:3.5kgm / 7,500rpm
  • ミッション:6速リターン
  • 新車価格:385,000円(当時)

スポンサーリンク

[ad#rakuten-z400fx1]


「カスタムモデル」

www.garage-z.com fx

(出典:www.garage-z.com)

carcast.jp fxcarcast.jp fx1

(出典:carcast.jp)

minkara.carview.co.jp fx

(出典:minkara.carview.co.jp)

www.zeta-one.com fx

(出典:www.zeta-one.com)

a-magic.com fx

(出典:a-magic.com)

  • カスタムとしてマフラーは、「モリワキショート」「モリワキモナカ」「KERKER」などが定番でした。また、ヨーロピアンウィンカー、CRキャブ、オーリンズサスなどでした。足回りを「YAMAHA・TZR」といったレーサーレプリカのものに変更するのも流行りましたね。

「現在の中古車相場」

あわせて読みたい記事:【旧車】 芸能人が愛する「KAWASAKI(カワサキ)」まとめ

  • 当時の新車価格は38万5,000円でしたが、現在では100万円のプレミア価格で取引されている「フェックス」、平均相場は153万円、極上車ともなれば、180万円となっています。オリジナルのフルノーマルの車両は皆無ともいわれています。

まとめ

  • 今見てもKawasakiらしい硬派でカッコ良さがある「名車」です。フルノーマルのオリジナルもカスタムどちらも良いですね。最新モデルの最新技術が詰め込まれたバイクも良いですが、こういう硬派なモデルをまたリバイバルしてほしいとも思いますね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。