最新スマホが「150円」 世界最安値の「Namotel」社

この記事は1分で読めます

「iPhone7」の最新モデルでは新機能が注目される中、世界最安値の最新モデルを発売する「Namotel」社にも注目が集まりそうです。世界最安値の価格は、驚きの「約150円(99ルピー)」で発売されるというのです。 iphone-1249733_640

  • 「Namotel」社

この世界最安値を実現したのは、インドのバンガロールに本拠地をおく「Namotel」社です。この会社は、2016年に設立された新しい会社です。ほかにもチェンナイ、デリー、ムンバイ、ハイデラバードなどにも支店があり、店舗拡大中のようです。

  • 「安すぎる」

1年間の保証付きの「99ルピースマホ」は、5月17日から25日にかけて予約受け付けているということですが、すでに予約の受付は終了しており、新しい価格帯での勝負に市場は好意的に受け入れているようです。面白いことに配送料は「約300円(199ルピー)」ということですから、新品の「99ルピースマホ」が、いかに安いのか分かります。地元のインドでは「コーラよりも安いスマホ」として話題になっているようです。 woman-1282950_640

  • 「スペック」は?

3G対応、2Mピクセルカメラも搭載しておりAndroidスマホとなっています。シンプルな機能ですが、必要にして十分なスペックと言えます。とくに会社で使用する程度ならば、この程度のスペックがあれば、十分ではないでしょうか。 世界に目を向けると、「スマホ」一台でも価格の格差の広がりには驚かされます。10万円を超える新製品を出す会社もあれば、「Namotel」社のように、150円という驚くべき安い価格帯で発売する会社もあるのですね。販売がインド在住のインド人のみということが残念ですが、日本でもスペックは最小限におさえた低価格の「スマホ」は需要があると思うのですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。