【大麻】合法薬物で医療は巨額の節約になる?その額、驚きの○○円

この記事は3分で読めます

【大麻】合法薬物で医療は巨額の節約になる?その額、驚きの○○円

あわせて読みたい記事:【大麻】世界の多くの投資家が魅力を感じている「大麻業界」とは?

あわせて読みたい記事:【大麻】薬物が合法化されてスイーツとして販売?子供も依存症に? 

あわせて読みたい記事:【違法薬物】 取引量が過去比較で3倍!容易に手に入る方法とは?


医学誌「ヘルス・アフェアーズ」に先月発表された論文で、ジョージア大学の「デービッド・ブラッドフォード」氏と「アシュリー・ブラッドフォード」氏の父娘チームは、これまでに医療用大麻を合法化した州での処方薬の利用状況を詳細に調査しました。2010~13年の「メディケア(米政府の高齢者・障害者向け公的医療保障制度)」関連データを収集し、以下の二つの疑問に取り組んだようです。

(1) 医療用大麻で改善する可能性のある症状を持つ患者のうち、どの程度が処方薬の代わりに医療用大麻を選択しているのか?

(2) 医療用大麻は、メディケア関連支出に対しどれほどの影響を与えているのか?

結論から言うと、「マリファナ(乾燥大麻)」反対派も仰天の調査結果が発表されました。アメリカでは、各州で進む医療用の「大麻」の合法化によって、2013年の公的医療保障費を「1億6,500万ドル(約165億円)」も節約できたのだということです。17州で医療用の「大麻」が合法化されていた2013年、「メディケア」は、「1億6,500万ドル」の支出削減を果たしていることが分かりました。もしアメリカの全州が「大麻」を合法化した場合、単純計算してこの3倍に相当する年間「5億ドル(約500億円)」の節約ができることになるということです。もちろん、実際の節約幅は各州の人口によって異なることはありますし、間保険を含めれば、節約額は大幅に増えることが予想されます。

「デービッド・ブラッドフォード」氏と「アシュリー・ブラッドフォード」氏は、「大麻」が「代替治療法として利用できる可能性のある」症状に焦点を絞り、「メディケア」の「パートD」データベースから8,700万件以上もの処方箋を調査しました。対象とされたのは、「不安」、「うつ」、「緑内障」、「吐き気」、「痛み」、「精神病」、「発作」、「睡眠障害」、「痙(けい)性」の9症状でした。

論文によると、このうち「大麻」が症状改善につながることを示す臨床的証拠が最も多いのは痛みで、その信頼度は「中程度」とされているようです。その他の8症状についての臨床的証拠の信頼度は「低い」または「非常に低い」と評価されています。

これら9症状のうち、8つで処方薬利用が減っていました。中でも最も大きく減少したのは「鎮痛剤」で、医療用の「大麻」を合法化している州では、合法化していない州と比べ、医師1人当たりの鎮痛剤処方が「11.5%」も減り、件数にして3,645件少なかったことも明らかになりました。これは、統計学上でみても大きな意味を持つ差です。さらに、「うつ」と「発作」に対する処方薬利用も大きく減少していました。処方薬利用が唯一増加していたのは「緑内障」だったようですが、これは想定の範囲内だったと研究チームは述べています。というのも、「大麻」には眼圧を大幅に下げる効果があることが示されている一方で、その効果は1時間程度しか持続しないということだからです。そのため、患者がたとえ「大麻」の効能について耳にしたとしても、最終的には処方薬を選ぶ傾向にあるのだということです。

論文執筆者の「デービッド・ブラッドフォード」氏は、ジョージア大学のウェブサイトに掲載されたインタビューの中で、医療用の「大麻」の合法化は「嗜好(しこう)用大麻」の使用を可能にするための隠れ蓑にすぎないのでは、との疑問にも答えを出したと説明しています。「われわれが得た証拠は、(大麻が)実際に臨床目的で多く使用されていることを示している」とコメントしています。

アメリカでは、これまでに24州で医療用の「大麻」が合法化されています。今回の調査結果は、アメリカ全土で「大麻」を合法化すれば、「メディケア」関連支出を数億ドル単位で削減することができ、「メディケア」の対象外の人々もさらに多くの医療費を削減できることを示しています。その上、「違法大麻」の取り締まりにかかる労力や費用も節約できる見込みです。

drug-621844_640

大麻反対派は1930年代から、「大麻」は他のより危険な薬物に手を染めて犯罪の道へと進む入口となる「ゲートウェイドラッグ」だと主張してきました。だが、「デービッド・ブラッドフォード」氏と「アシュリー・ブラッドフォード」氏も指摘しているように、この主張を証明する確かな証拠は存在していません。

今回の調査は、「大麻」の合法化の正当性を経済面から強く裏付けるものです。「大麻」を少なくとも医療目的で合法化することによって、医療費の大幅な削減が実現できるというのは、今後の医療においても大きく影響を与えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。