【ランキング】高年収で意義ある仕事とは? TOP15を検証する

この記事は3分で読めます

【ランキング】高年収で意義ある仕事とは? TOP15を検証する

あわせて読みたい記事:【ランキング】世界で最も革新的な企業:TOP50 トヨタは上位

あわせて読みたい記事:【ランキング】世界で最も稼ぐ俳優:ドウェイン・ジョンソンが1位

あわせて読みたい記事:【ワンピース】 登場する場所の元ネタって実際にあるの? まとめ

世の中に良い変化をもたらす仕事に携わって、優位性のある給与を手にしたいと考える人が増えているようです。そして、世の中のニーズを満たす仕事の報酬は、それなりであるべきだという考えも多くの人が思っていることのようです。「目的意識」、それと同時に「健全な金額の給与」を提供するのはどの職業か?ということを見極めるためにも、報酬情報サイトの「ペイスケール(PayScale)」では、アメリカ労働省職業情報ネットワークである「O*NET」のデータベースにある482の仕事に就いている人々に調査を実施したようです。「給与データ」の提供と、自分の仕事が世界をより良い場所にするかどうかについての評価を依頼したというのです。

「ペイスケール(PayScale)」は、さらに、この調査結果を基に「年収のいい意義ある仕事」ランキングを作成しました。その仕事に就いている人の少なくとも、「70%」が仕事に大きな意義を感じている仕事がランク入りしました。回答者たちが大きな意義を感じている多くの仕事というのは、実は最も給与が低い部類の仕事だったということには驚きが隠せない事実です。しかし、一握りの仕事については、年間「10万ドル(約1,002万円)」近く、あるいはそれ以上の報酬が得られている仕事で、しかも、世の中に貢献している実感もあることが明らかになりました。

ここで、明らかになった「年収」には、「月給」または「時給」に加えて「ボーナス」、「利益配当」、「チップ」、「手数料」やその他の現金収入が含まれていますが、「株」や「退職金」、「現金以外の給付金」は含まれていません。

ランキングの内容を見てみると、ランキングのトップ10のうち、「企業のCEO」という職種において、その4人に3人が「自分の仕事は世の中をより良くしている」と考えているようです。そして彼らの平均年収は「12万8,500ドル(約1,287万円)」でした。

またランキングの下の方では、「小学校」、「中学校」の「教育管理者」の「94%」が「自分の仕事には大きな意義がある」と感じているものの、これらの仕事の平均年収は「7万7,200ドル(約773万円)」でした。では、「報酬」も「目的意識」も、最も高水準だったのは…。

「医師」の仕事でした。中でも「外科医」として働く、なんと「98%」の人が仕事に大きな意義を感じており、「総合外科医」や「神経外科医」、「整形外科医」などの肩書を持つ人々の平均年収というのは、「30万6,600ドル(約3,072万円)」でした。「麻酔科医」、「産科医」、「婦人科医」、「内科医」、「精神科医」は、同調査で毎年順位が入れ替わるものの、依然としてトップ5を占めていることは明らかです。

「ペイスケール(PayScale)」が作成したランキングのトップ15は以下のとおりです。なお( )内の数字は、「意義を感じている割合」と、その「仕事の平均年収」となっています。

「年収のいい意義ある仕事 2016」:TOP15

15位:「医療補助士(86%、8万9,500ドル / 895万円)」   

14位:「健康診断士・治療施術士(87%、9万3,100ドル / 931万円)」

13位「検眼医(88%、10万2,300ドル / 1,023万円)」

12位:「物理学者(79%、10万2,500ドル / 1,025万円)」

11位:「薬剤師(75%、11万4,500ドル / 1,145万円)」

10位:「足専門治療医(84%、12万300ドル / 1,230万円)」

9位:「CEO(75%、12万8,500ドル / 1,285万円)」

8位:「歯科医(89%、12万8,700ドル / 1,287万円)」

7位:「小児科医(90%、14万8,800ドル / 1,488万円)」

6位:「家庭医・一般開業医(91%、17万200ドル / 1,720万円)」

5位:「精神科医(90%、19万9,000ドル / 1,990万円)」

4位:「内科医(79%、19万9,800ドル / 1,998万円)」

3位:「産科医・婦人科医(95%、20万5,300ドル / 2,053万円)」

2位:「麻酔専門医(95%、26万9,800ドル / 2,698万円)」

1位:「外科医(98%、30万6,600ドル / 3,066万円)」

ランキングのTOP10圏内となると年収は「1,200万円」以上となっていることが明らかになりましたが、「意義ある仕事」と感じている人には、バラつきが大きいことも分かります。「報酬」と「意義ある仕事」としての満足のバランスが良い仕事となると「医師」の中でもTOP4の職種、直接「命」を左右するものとなるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。