【ハプニング】トランクから驚きの「3億円」を押収! 何の大金?

この記事は1分で読めます

【ハプニング】トランクから驚きの「3億円」を押収! 何の大金?

あわせて読みたい記事:【サプライズ】ラーメンの人気、刑務所までもブームになっている?

あわせて読みたい記事:【サプライズ】航空機事故から生還&高額当選!その奇跡の男とは?

あわせて読みたい記事:【サプライズ】 リゾート地を約5千円で入手? その理由とは?

アメリカの国境警備隊がカリフォルニア州南部のメキシコ国境付近で、驚くべき出来事に遭遇しました。なんと、乗用車のトランクから巨額の大金「300万ドル(約3億円)」を超える現金を押収したのです。これが起きたことについて、8月28日に発表しました。アメリカの「税関・国境取締局サンディエゴ事務所」の報道官は、管轄内の現金押収額としては「過去最大級」だということのようです。

この巨額の大金「300万ドル(約3億円)」を超える現金を押収した時のことについて、次のように当時のことを述べています。

国境警備隊は8月23日、メキシコ国境まで約60キロのサンディエゴ北郊エスコンディードで不審な車を発見し、その2台の車を制止しました。そして、車内を捜査し始めたところ、一方の車内に「3万4,000ドル」近い現金が積まれているのを見つけ、53歳のアメリカ人を拘束しました。さらに、もう1台の車のトランクから「301万8,000ドル」を押収し、運転していた41歳のメキシコ人を拘束したということです。

この容疑者2人は、不法な現金輸送の罪に問われ、アメリカ国土安全保障省へ身柄を引き渡されたそうです。

メキシコの麻薬カルテルや人身売買業者にとって、アメリカ市場で得た収益の輸送は非常に重要な意味を持っているようで、サンディエゴという場所は、その中心地となっているということです。

過去にはさらに大規模な現金輸送が検挙された例もあるそうです。2016年の6月にフロリダ州マイアミ近郊で押収された金額は、「2,400万ドル」に上っています。さらに2011年には、メキシコとアメリカ東海岸を結ぶ麻薬取引の中継点となっているジョージア州アトランタ周辺で「2,300万ドル」が押収されています。

  • www.cnn.co.jp 1
    • (出典:www.cnn.co.jp)

闇ルートで取引され、現金輸送されている事件が多数、発生しており、後を絶たないようです。こうしたことに対する対策が、ますます重要になってきているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。