【アクティブ R32GTR】フルカーボンワイドボディ仕様のスペック

この記事は2分で読めます

【アクティブ R32GTR】フルカーボンワイドボディ仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【日産スカイラインGT-R(R32型)】トップシークレット仕様

あわせて読みたい記事:【R31 スカイライン】 1000psのMOTUL号のスペック

あわせて読みたい記事:【ノスタルジック2デイズ】現存10台以下のF31レパードが登場

「日産・スカイライン GT-R(BNR32)」は最初から「市販車でレース勝てるクルマ」というのが使命として開発が進められた車でした。そのために当時のグループAレギュレーションで、最も有利なパッケージになるよう設計されたのは、有名な話です。グループAでは、排気量ごとに最低重量とタイヤの幅が決まる規定だったので、ターボ係数1.7をかけた排気量が、4.5リッターになるように、他に例のない2.6リッター(2,568cc)+ツインターボの「RB26DETT」というエンジンが開発され「BNR32」に搭載されることになりました。結果、グループA仕様の「スカイライン GT-R」の最低重量は1,260㎏で、ライバルの3リッターターボ車の最低重量(1,420㎏)に対し、160㎏のアドバンテージを得ることに成功し、連勝記録を打ち立てる伝説のレーシングマシンとなりました。この活躍と「ケンメリGT-R(KPGC110)」以来の「GT-R復活」が相まって現在においても人気のモデルとなっています。そして、今でもチューニングを施すチューナーやプライベートも多く存在し幅広く愛されています。

その「日産・スカイライン GT-R(BNR32)」を徹底的にカスタマイズしたマシンが「ACTIVE(アクティブ)」社の「ACTIVE CARBON BNR32」です。

その名の通りボディはフルカーボン仕様となっており、フェンダーはワイド化され迫力が増しています。しかも、ボディだけでなくドライブトレインも徹底的なチューニングを施しています。

エンジンは、「NEW N1 SHORT BLOCK ENGINEベースHKSコンプリートエンジン」として、純正新品のN1エンジンASSYをベースに再度分解してブロックをボーリング、中身をそっくりHKS製2.8Lキットに入替え制作しています。最高出力:600psで最高速度:300km/h、ドラッグレースのタイムは10.2秒というポテンシャルを備えています。


「ACTIVE CARBON BNR32」:スペック

  • Powertrain:
  • エンジン型式:RB26
  • 排気量:2,777cc
  • 最高出力:600ps
  • 最大トルク:72kgm
  • エンジンカスタム内容:HKS STEP22.8L KIT、272 IN/EXカムシャフト、800CC IJ、メタルガスケット、ステンレスEXマニ、GTウエストゲート、ACTIVEオリジナルマフラー、HKS製エキゾーストマニホールド
  • トランスミッション:OS88 シーケンシャル
  • クラッチ:ATSメタル トリプル
  • ブレーキ:ACTIVE 6POT & 4POT
  • デフ:ATS
  • ホイール:WORK MEISTER L1(F/R 12J)
  • タイヤ:ADVAN NEOVA AD08R(F 295/30R19 R 295R/30R19)
  • Exterior:ACTIVE WIDE BODY KIT
  • ボディカラー:ACTIVE BLUE V
  • Interior:ACTIVE オリジナル内装 フル本革張り替え
  • 最高速:300km/h
  • ドラッグレース:10.2秒

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。