【猫ひろし】リオ・オリンピック!マラソン完走の39歳!順位は?

この記事は1分で読めます

【猫ひろし】リオ・オリンピック!マラソン完走の39歳!順位は?

あわせて読みたい記事:【オリンピック】 ワイルドなゴルフコースには、危険生物も登場!

あわせて読みたい記事:【ゴルフ】オリンピック初の快挙「ジャスティン・ローズ」のプレー

あわせて読みたい記事:【サリーン】「木村拓哉」が所有の「S7」は性能も価格も超一流!

リオ五輪男子マラソンカンボジア代表の「猫ひろし」(39)は、2時間45分55秒で見事完走したということです。

「猫ひろし」さんの自己ベスト記録は2時間27分48秒なので、今回の記録は遠く及ばなかったものの、無事に感想をしました。

有力選手を含む15人が棄権する中、155人中139位でフィニッシュです。

完走者の中ではブービー賞だったが「最高の42キロでした」。

ゴール地点ではお決まりの「にゃー!」ポーズで喜び、スタンドをあおるなど、地球の裏側でも芸人魂を見せつけた。

 2012年ロンドン五輪では代表に内定していたが、「国籍取得からの期間が短い」等を理由に内定を取り消され、涙をのんだ。

あれから4年、大会最終日のこの日は、紺色のキャップをかぶり本名「TAKIZAKI」のゼッケンで登場。体格の良い選手らに囲まれながらもスタートライン2列目に並び、雨の降る中、日本、カンボジア両国の期待を背負って走りだした。

先頭集団からあっという間に離され、実は、5キロ地点では155位の最後尾だったのです。

しかし、その後10キロ地点では1人抜いて154位と奮闘しました。

被っていた帽子も投げ捨て、必死の形相で走り続けました。

30キロ地点では2人を抜いて147位にポジションアップ。

35キロ地点でも1人抜いて144位に。

どんなに苦しくても「絶対に歩かない」と意地を見せ、ゴール目前の40キロ地点で140位、

最後は139位まで順位を上げる大健闘だったのです。

39歳という年齢を考えると素晴らしい走りです。

しかも、彼の体格を考えても「よくやった!」の褒め言葉です。カンボジアに大きな感謝をされることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。