【サプライズ】セブ・パシフィック航空で起きた奇跡に世界が感動!

この記事は2分で読めます

【サプライズ】セブ・パシフィック航空で起きた奇跡に世界が感動!

あわせて読みたい記事:「サプライズ (surprise)」 飛行機で奇跡の誕生が!

あわせて読みたい記事:【航空会社】 世界ランキングのTOP10 日本の順位は?

あわせて読みたい記事:【飛行機】格安航空「ピーチ」の機内食が世界的に高評価とは本当?

ドバイ発マニラ行きの「セブ・パシフィック」航空便の機内で奇跡が起きた。というのも先ごろ、「セブ・パシフィック」航空便の乗客の女性が出産する出来事があったのです。

出産は予定日より、かなり早い5週間以上早かったということです。産気づいた女性を乗客の看護師2人が客室乗務員とともに介助したということです。

看護師が2名も登場していたこともタイミングが良かったですね。

一方で、パイロットは着陸先をインドの「ハイデラバード」空港に変更し、受診の手配を依頼しました。

この取り計らいも素晴らしい奇跡の誕生につながったといえるでしょう。

奇跡の誕生を果たした赤ちゃんは「ヘブン」と名付けられました。

今回の奇跡の誕生が起きた「セブ・パシフィック」航空はフィリピンの「格安航空会社(LCC)」ですが、機内での出産事例は同社では初めてだということです。

「セブ・パシフィック」航空の「ランス・ゴコンウェイ」最高経営責任者(CEO)は、「ヘブン」ちゃんに同社のマイレージプログラムで「100万ポイント」を進呈すると発表し、使用期限はなく、家族と分け合って使ってもいいというサプライズプレゼントをしました。

粋な計らいですね。

そして、「セブ・パシフィック」航空の「ランス・ゴコンウェイ」最高経営責任者(CEO)は、「母子ともに健康であることを本当に喜ばしく思うとともに、運航乗務員と客室乗務員が最高のプロ意識と能力でこの状況に対応したことを称賛したい。また、赤ちゃんが無事産まれてくるようボランティアで協力してくれた2人の看護師に心からの感謝を表明したい」とコメントしています。

  • www.cnn.co.jp 1
  • (出典:www.cnn.co.jp)

同じ便に乗り合わせた別の乗客が「フェイスブック」上で語ったところでは、「(母親の女性の)少し大きい叫び声が、1回だけ聞こえ、数秒後にもっと小さなかわいい叫び声がして赤ちゃんが生まれたことが分かった」ということを明らかにしています。

また「幸いなことに、1回いきむだけで赤ちゃんは生まれた。しばらくして女性は赤ちゃんを抱いて自分の席に戻ってきた」とこの乗客は述べています。

今回の「ヘブン」ちゃんの奇跡の誕生により、目的地のマニラへの到着は、9時間近く遅れたということですが、「だが誰も文句は言わなかった」とこの乗客は語り、「乗り合わせていたみんなが幸せな気分だった」とコメントしています。

こんな奇跡の赤ちゃん誕生というサプライズに居合わせることが出来た乗客は本当にハッピーですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。