【ランキング】 世界の「友好的な都市」:トップ10 理由も分析 

この記事は2分で読めます

【ランキング】 世界の「友好的な都市」:トップ10 理由も分析 

あわせて読みたい記事:【ランキング】 都市別:世界億万長者住民数トップ10 欧州強し

あわせて読みたい記事:【ランキング】 世界の旅行先ランキング10 日本のあの場所も!

アメリカ旅行誌の「コンデナスト・トラベラー」が読者アンケートに基づき、「友好的な都市」の世界ランキングを発表しました。

アンケート結果は、毎年発表され、今年がなんと29回目となっています。10万人以上の読者を対象として、好きな「都市」、「ホテル」、「航空会社」、「将来行きたい場所」などに加え、3年前から「友好的な都市」について意見を尋ねています。

「友好的な都市」の世界ランキングと全米ランキングをまとめた2016年のベスト10では、2位が「オーストラリア」のシドニー、3位が「アイルランド」のダブリンがランクインしました。

  • www.cnn.co.jp 10
  • (出典:www.cnn.co.jp)

興味深いのは、トップ10に多くランクインしたのが、「アメリカ」ということです。

10位:アメリカ「テネシー州ナッシュビル」がランクインしており、さらに、7位に「ジョージア州サバンナ」がランクインしています。そして、「チャールストン」もランクインしているのです。

この「チャールストン」は、なんと1位に選ばれています。この都市は、アメリカ南部サウスカロライナ州の「チャールストン」です。

アメリカ旅行誌の「コンデナスト・トラベラー」誌電子版の「ローラ・レッドマン」副編集長は、「欧州の旅行者がチャールストンの食べ物や建築の評判を聞いてやって来る。メディアでも注目され、人気は最高潮だ」とコメントしています。

アメリカ南部がトップ10入りしたことについては、「地元の住民が道案内に応じる親切な態度」などが評価されたようです。

これらの都市には「南部らしい魅力が今も残っている」と、「ローラ・レッドマン」氏はコメントしています。

また「ホテル」では、出迎えるスタッフのあいさつ、スムースなチェックイン、子ども向けの飲み物サービスなどがポイントとなります。

行きたい場所へ移動しやすい街、そこに暮らしているような気分を味わえる街も、友好的な都市としての評価が高いということです。

2016年のトップ10は下記の通りです。

  • 1位:「サウスカロライナ州チャールストン(米国)」
  • 2位:「シドニー(オーストラリア)」
  • 3位:「ダブリン(アイルランド)」
  • 4位:「クイーンズタウン(ニュージーランド)」
  • 5位:「ユタ州パークシティー(米国)」
  • 6位:「ゴールウェイ(アイルランド)」
  • 7位:「ジョージア州サバンナ(米国)」
  • 8位:「クラクフ(ポーランド)」
  • 9位:「ブルッヘ(ベルギー)」
  • 10位:「テネシー州ナッシュビル(米国)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。