【違法薬物】 取引量が過去比較で3倍!容易に手に入る方法とは?

この記事は2分で読めます

【違法薬物】 取引量が過去比較で3倍!容易に手に入る方法とは?

あわせて読みたい記事:【大麻】薬物が合法化されてスイーツとして販売?子供も依存症に? 

あわせて読みたい記事:【医療】 「薬物マリフアナ(マリファナ)」が、助けになる治療が?

近年、「違法薬物」による犯罪報道が後を絶たない事態が続いていると感じている人が多いようです。まさにギリシャ神話に例えるならば、「違法薬物」を購入するための「ウェブ販売」というのは、ギリシャ神話に登場する「ヒドラ」のようなものです。この「ヒドラ」というのは、首を切ると新たに2本の首が生えてくる怪物です。「違法薬物」を販売する闇サイトといわれているものは、まさに「ヒドラ」のように1つを摘発したとしても別のサイトが続々と立ち上がっていき、禁止薬物のまん延に歯止めがかかっていないのが実情なのです。

「アメリカ連邦捜査局(FBI)」は、2013年に大手の闇サイト「シルクロード」を閉鎖に追い込むことに成功しました。しかし、その後には新たな闇サイトが数多く出現しているのが現状です。イギリスのマンチェスター大学、そして、カナダのモントリオール大学が最近発表した調査結果によれば、「シルクロード」の閉鎖後に一体どれほどの「違法薬物」が取引されているのか。実は、「違法薬物」の取引量は、なんと3倍に増加したという結果が出ているのです。こうした闇サイトの取引きには、仮想通貨である「ビットコイン」が使用されているとのことです。オランダ法務省が、ランド研究所の資金援助を得て実施した調査によれば、「Cryptomarket」と呼ばれる闇市場や闇サイトは、「現在:50ほど存在」し、売り手と買い手が匿名で「違法薬物」や「向精神薬」、「処方薬」などの取引きをしているということです。

ヨーロッパ薬物・薬物依存監視センターによれば、オランダというのは、「MDMA」や「大麻」の主要生産国で、大麻樹脂やコカインの流通拠点でもあるということです。オランダ政府は、「違法薬物」の取引を取り締まるために、ダークウェブの実態調査を開始したということです。

オランダ法務省の発表によれば、ダークウェブ以外でも薬物販売が横行している実態が明らかになったということです。

例えば「Chem.eu」というサイトは規制を逃れるために、「研究用試薬」という名目で「違法薬物」を販売しているとのことです。同サイトにアクセスすると、麻薬に似た合成薬物が数多く売られています。しかし、これはほんの一例に過ぎないということです。

これらのサイトの免責事項には、「利用者自身が法律の遵守に責任を負う」と記されているものの、何も意味をなしていないのが実情です。

これらのサイトを使えば、リスクを冒してダークウェブにアクセスしたり、麻薬ディーラーに接触しなくても、たやすく「違法薬物」を入手することができるのです。

drugs-908533_640

一方でアメリカでは州によって「大麻」の使用が合法化されており、「麻薬取締局(DEA)」は全面的な使用を禁ずる「スケジュール1:薬物(Schedule One drug)」から「大麻」を外すことを検討していました。しかし、タバコ業界のロビー活動もあって結局再分類は見送られてしまいました。

このため、闇サイトをはじめとするオンラインでの「違法薬物」の取引量は、今後も増加することが予想されているようです。

合法的に麻薬を入手したければ、医師から「オキシコンチン(麻薬系鎮痛剤)」を処方してもらう方法もあるようですが、医師から処方を断られた場合はダークウェブにアクセスするならば、闇サイトが簡単に見つかってしまい「違法薬物」が簡単に手に入るというが現実となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。