【アート】新感覚のアート展「DMM.プラネッツArt」とは?

この記事は2分で読めます

【アート】新感覚のアート展「DMM.プラネッツArt」とは?

あわせて読みたい記事:【アート】 大人の塗り絵が流行の兆し? セラピー効果が実証!

あわせて読みたい記事:【漫画】なんとフランス芸術で新たに「第9の芸術」に加えられた!

日本でこの夏、大規模なアート展「DMM.プラネッツArt」が開かれています。このアート展は、「テクノロジー」と「アート」が衝突する内容がコンセプトです。この展示会を仕手掛けたのは、「ウルトラテクノロジスト」を自称して、東京を拠点に活動するアート集団:「チームラボ」です。展示には、「Crystal Universe」などの4つのインスタレーションを中心に構成されています。

「モバイル機器」、「センサー」、「コンピューター描画」を組み合わせることで、観客はそれぞれの世界の一部になることができるようになっています。例えば、「池を描いた部屋」を進んでいると、コンピューター投影された「コイ」がその動きを探知して逃げていくといった「VR」が趣向となっているのです。下記では、アート集団:「チームラボ」の一員である「工藤岳」氏に話を聞いたものです。そして、同氏はそれぞれの展示室を異なる惑星と表現して、その体験を宇宙空間を移動する感覚になぞらえています。


展示会全体における体験は?

  • www.cnn.co.jp 17
  • (出典:www.cnn.co.jp)

他人と一緒に「五感を使う」ときに身体に生まれる感覚、物理的な感触を重視しています。

完全没入型の巨大インスタレーションが実現されており、展示面積は、なんと3,000平方メートルを超えているのです。

しかしながら、作品全体を見るための正しい順番はないようで、好きなように惑星から惑星に移動するというのが正しい順番です。


美術館の絵画鑑賞と体感する芸術の違いとは?

  • www.cnn.co.jp 18
  • (出典:www.cnn.co.jp)

最大の違いというのは、観客が芸術作品に参加し、その一部になれるようにしたことです。

この点は非常に重要なことであり、「モナリザ」に反対するわけではないにしても、フランスのルーブル美術館で「モナリザ」の絵を見る場合、自分と作品は、1対1の関係になります。自分1人で作品を見たいという気持ちから、他者の存在に対しては、消極的で若干ネガティブな姿勢になってしまいます。

ですが、今回の作品というのは、1人で見ても多くのことは起きないというのが事実ですが、他の人と一緒に見るとエフェクトが増えるのです。つまり、鑑賞体験の美しさが増すために、他者に対してポジティブな気持ちになることができるという大きな違いがあるのです。


「アート」と「テクノロジー」の関係とは?

実は、人間にとって「テクノロジー」というのは、道具や素材でしかないのが現状です。まず始めに、コンセプトや実現したいことを持つのが重要で、「テクノロジー」という道具を使うのは、二の次という感覚です。

過去の芸術作品との比較で考えるならば、人間の作品は「光」ということになり、あらゆるものが人間のキャンバスとなっています。物理的な作品を超えて拡張したいと思っており、そうした空間を作ろうとすると、新しい「テクノロジー」が必要になるといった具合です。

しかも、これは1では実現できず、チームが必要です。そのために人間のオフィスには、400人を擁しています。


それぞれの完全没入型の巨大インスタレーションが実現のために独自の匂いまで作り出した?

  • www.cnn.co.jp 16
  • (出典:www.cnn.co.jp)

これは一体どういうことなのかというと、例えば、「Wander Through the Crystl Universe」という作品では、宇宙飛行士と協力して実際に特殊な匂いが作られているのです。宇宙飛行士に頼んで宇宙の匂いを思い出してもらい、その匂いや感覚を作り出しており、作品の中に盛り込まれているのです。観客は、この匂いからも宇宙を感じることができるというわけです。

こうした特別なインスタレーションは制作予算が膨大になるかもしれませんが、惑星間の「ロケット」を製作することに比べればずっとコストが低いのではないでしょうか。そして、その感覚を楽しむことができるというのは貴重な体験であり、楽しみなアート作品と言えます。

「DMM.プラネッツ Art」の展示期間は、2016年8月31日までとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。