【さんまのまんま】 31年の放送終了が確定 理由は? 今後は?

この記事は2分で読めます

【さんまのまんま】 31年の放送終了が確定 理由は? 今後は?

あわせて読みたい記事:【旧車】 お笑い芸人の旧車愛がすごい! まとめ

あわせて読みたい記事:【セレブ】 世界の富豪の資産は? 最初の資産は? ランキング!

タレントの「明石家さんま」さん(61)が司会を務めるフジテレビ系トーク番組「さんまのまんま」(日曜後1:00)が9月いっぱいでレギュラー放送を終了することが3日、明らかになりました。制作するカンテレは、昨年4月からの放送30周年という節目を無事に終えて「一つの区切り」とし、「明石家さんま」さんにとって最長寿冠番組が31年6カ月でピリオドを打つことになったようです。10月以降はスペシャル番組として年に2回の放送を予定しているおのことです。

絶妙な話術でお茶の間にスターの素顔を届けてきた長寿トーク番組が、歴史に幕を閉じる。「さんまのまんま」が、9月25日放送分でレギュラー放送を終了することになったことは寂しい限りです。「明石家さんま」さんの自宅に見立てたセットに、ゲストがインターホンを鳴らして訪問し、お土産をもってきたゲストを、「明石家さんま」さんが飲み物でもてなし、台本のない自由なトークを繰り広げるという番組でした。ゲストの魅力や本音を引き出すお笑い怪獣の話術が人気でした。

番組のヒストリー

  • matome.naver.jp 1
  • (出典:matome.naver.jp)

番組は1985年4月、初回ゲストにタレント、「榊原郁恵」さん(57)を迎えてスタートしました。制作するカンテレのおひざ元、関西地区ではゴールデンタイムで平均視聴率20%(ビデオリサーチ調べ)を超える人気番組となり、1987年1月12日放送分(ゲストは秋吉久美子)で番組最高の31.8%を記録しました。タイムリーなゲストも次々と登場した。元妻の女優、「大竹しのぶ」さん(59)と初共演したのもこの番組で、結婚前の1986年2月にさんまの持ちギャグ「パーでんねん」を「大竹しのぶ」さんにやらせて、話題になったこともありました。曜日は何度か変遷したが、関西では午後7時台で放送していました。その後、2009年4月から現在の土曜の昼に移行していました。関東地区では2009年9月まで深夜枠で放送していたが、2009年10月から日曜午後1時台に移行していました。関西の放送翌日に同じ映像が流されていました。放送回数は1442回(3日現在)でゲストはのべ2000人以上のモンスター番組でした。数多くの冠番組を持つ「明石家さんま」さんにとって最長寿の番組でもありました。

今後は?

カンテレはサンケイスポーツの取材に「30年を一区切りと考え、調整した結果です。さんまさんと相談の上、レギュラー終了を決定しました」と説明しています。ただ、10月以降はスペシャル番組として継続。年2回を予定しており、今秋に「さんまのまんまスペシャル」が放送されるとのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。