【サプライズ】 犬は車の運転や操作ができる? 証拠となる出来事

この記事は1分で読めます

【サプライズ】 犬は車の運転や操作ができる? 証拠となる出来事

あわせて読みたい記事:【自然】 「チョークバス」驚きの生態 雌雄同体? でも固い絆

あわせて読みたい記事:【ゴキブリ】 将来的にサプリメントに? ゴキブリミルクとは?

アメリカ南部のウエストバージニア州においてまさかの出来事が起こってしまいました。というのは、このほど、車の中に取り残された犬たちが車を「運転」して建物の壁に突っ込むという騒ぎがあったのです。

「犬が車を運転」?

飼い主の女性は、2016年7月29日、ウエストバージニア州ウェインのスーパーマーケットの駐車場に車を止め、飼い犬2匹を車の中に残したまま買い物に出かけたということです。その際に、車内が暑くなりすぎないようにと、飼い犬2匹の犬たちのためにエンジンは付け、エアコンも付けたたままにしておいたそうです。

その後?

ところが、女性がまだ店内にいる間に社内の犬が何らかの形で車のシフト操作を行ったため、ギアが入って車が発進したのです。そして、クルマは、店舗入り口付近のコンクリートの柱に衝突して、ようやく止まったそうです。周りにいた人たちが、クルマにすぐに助けに駆け付けましたが、運転席を見てビックリしました。なんと運転席に座っていたのは、人間ではなく1匹の犬だったからです。

目撃者によると、助手席にいたもう1匹の犬は、中から自分でパワーウィンドウを操作して車の窓を開けたということです。

嘘かと思いきや本当のようです。確たる証拠があるのです。

  • www.cnn.co.jp 6
  • (出典:www.cnn.co.jp)

この一部始終の様子を映した防犯カメラの映像が1日に公開されているのです。

車にも建物にもそれほどの損傷はなく、女性も罪には問われなかったそうですし怪我人もなく無事に事なき終えたことが不幸中の幸いでした。

その後の調べで明らかになったことは、犬たちはシートベルトを締めていなかったこと、2匹ともけがはなかったこと、そして、驚くべきことに車のシフトチェンジ、パワーウィンドウの操作ができるということでした。

また、この出来事の後に、しっかりと人間の運転する車で無事帰宅したということでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。