【鈴鹿8耐】 予選は三つ巴の混戦! 制したのは予想通りの結果?

この記事は2分で読めます

【鈴鹿8耐】 予選は三つ巴の混戦! 制したのは予想通りの結果?

「2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース」のトップ10トライアルが、2016年7月30日、鈴鹿サーキットで行われ、「No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の「ポル・エスパルガロ」が2年連続でポールポジションを獲得しました。

前日の公式予選で勝ち上がった上位10チームが、ポールポジションをかけて1周勝負のタイムアタックを行うという方式のものでした。

各チームから2人のライダーが選ばれ、多くのファンが見守る中で1台ずつコースインしてタイムアタックが行われていきました。

今年は例年に比べると「涼しい」と言われており、セッション開始時点でも気温31度、路面温度49度と昨年よりも低いコンディションでした。そのため昨年のレコードタイムである2分06秒000を上回るタイムも期待されました。

  • race.yamaha-motor.co.jp 1
  • (出典:race.yamaha-motor.co.jp)

     各チームが2分07秒台でトップ争いをする中、「ポル・エスパルガロ」が登場すると、各セクションでタイムを更新し2分06秒258を記録しました。自らが昨年作った記録を塗り替えることができなかったが、暫定トップに浮上することに成功しました。

これに挑んだのがチームメイトの「中須賀克行」でしたが、1コーナーから気迫のこもったライディングをみせたが、「ちょっと空回った」という本人も言う通り、デグナー2つ目でバイクの姿勢を乱してしまい、タイムロスを喫してしまい最終的に0.2秒遅れてしまい、エスパルガロが今年もポールポジションタイムを記録することになりました。

2番手には「No.12 ヨシムラ スズキ Shell ADVANCE」が入りました。「津田拓也」が前半セクションでエスパルガロを上回る速さを見せたが、トータルで0.147秒届かず2番手となっています。

3番手には「No.87 Team GREEN」が続きました。こちらは優勝経験者でもある「レオン・ハスラム」がアグレッシブなライディングをみせ2分06秒469を記録しました。

結果的に「ヤマハ」、「スズキ」、「カワサキ」のバイクがトップ3を分け合った形となりました。

ホンダ勢は「No.5 F.C.C. TSR Honda」が4番手、「No.634 MuSASHi RT HARC-PRO.」が5番手になりました。

今年の注目の決勝レースは、2016年7月31日、11時30分からスタートし19時30分にゴールを迎えることになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。