【ロボット】 最新型「AI」は、学習機能によって家事もこなす?

この記事は2分で読めます

【ロボット】 最新型「AI」は、学習機能によって家事もこなす?

あわせて読みたい記事:【ビジネス】 アマゾンの宅配サービス「プライム・エアー」とは?

あわせて読みたい記事:【ハウステンボス】 「ロボット王国」ロボット・ガンダム まとめ

近年において開発が急激に進んでいる分野の一つが「ロボット開発」の分野かもしれません。企業だけでなく、子供から大人まで遊べるホビーロボットから家庭用の家事ロボットまで市販されているロボットに注目されることが多くなっています。そのような中、イーロン・マスクが議長を務める非営利組織:「OpenAI」が「家事ロボット」の開発を進めているということです。この「OpenAI」というのは、2015年に「マスク」や「ピーター・ティール」などの起業家によって共同設立され、これまで「10億ドル(約1,057億円)」以上の資金を調達し開発を進めてきました。

そして、設立の目標は「人類全体に恩恵をもたらす形でデジタル・インテリジェンスを進化させ、金銭的な利益よりも全ての人々に幸福をもたらすこと」とされているようです。「OpenAI」の開発者たちはロボットが自らスキルを磨き、高度な機械学習を行なう、「AI」の開発に力を注ぎ、進めています。

「MITテクノロジー・レビュー」の記事によると、家事ロボットはレーザースキャナーや3D深度センサー、万能アームを駆使して周りの世界を把握し、試行錯誤を重ねつつ家事スキルを高めていくようにプログラムされています。

  • forbesjapan.com 1
  • (出典:forbesjapan.com)

そして、家事はプログラムよりAI学習が有利ということです。機械学習の専門家によると、「洗濯物をたたむようなシンプルなタスクは、プログラミングするよりAIに学習させる方が簡単だ」とコメントしています。また、AIに自己学習させることで、1台のロボットが学んだスキルは他のロボットに瞬時に広めることが可能ということです。「MITテクノロジー・レビュー」は、この取り組みを「ハードよりも、ソフトと機械学習のイノベーションこそがロボットの未来を切り拓くという信念に満ちている」と評価し、期待しています。オランダのデルフト工科大学のロボット専門家である「イェンス・コーバー」も「手動でロボットをプログラムすることをやめ、機械学習させることはロボット工学の未来の鍵になる」とコメントしています。また、インペリアル・カレッジ・ロンドンの機械学習の専門家:「Marc Deisenroth」も「この取り組みが実現すれば社会に大きな恩恵をもたらす。ルンバが床掃除だけでなく皿洗いやアイロンがけ、窓ふきや食事の用意まで行なう世界がやってくる」とコメントしています。

今後、この「AI」の家事ロボットが急成長し、社会をより効率的で便利なものへと変化させていくのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。