【東京オートサロン2018】BHオークション落札結果ランキング

この記事は4分で読めます

【東京オートサロン2018】BHオークション落札結果ランキング

「東京オートサロン 2018」で1月12日(金)に開催された、同イベントの初開催となったのがカーオークションで「東京オートサロン・オークション with BH Auction」でした。実に日本初の「コレクタブルカー(ヴィンテージカー、クラシックカー、スーパーカー、ハイパーカー)」のオークションを手がける「BH Auction」と「オートサロン」のコラボレーションが実現し、ショーイベントとしての演出も盛り込まれた、落札者以外も楽しめるオークションとして開催されました。今回のオークションにおいては、全部で16台が参加し、中には驚きの高額落札車も飛び出し、会場の一般来場者も大興奮の一幕となりました。その落札価格の金額は、850万円~1億7,300万円と幅広い落札金額となりましたが、それぞれの個体の落札価格をランキングにてご紹介いたします。ランキングは下記の通りです。


「東京オートサロン・オークション with BH Auction:高額落札車両ランキング」

13位:「1990年式:Nissan Skyline GT-R(型式:BNR32型)」= 800万円

低走行の極上R32型GT-Rが出品。あっという間に落札されていきました
(出典:gazoo.com)
日産の「ハコスカGT-R(KPGC10型 / PGC10型)以来の「GT-R」復活となり、グループA選手権において連戦連勝で伝説を残した「日産 スカイラインGT-R」は低走行の極上のコンディションでした。

12位: 「1968年式:Honda S800」= 850万円

ピカピカのS800。そのコンディションはまさにコレクターズカー
(出典:gazoo.com)
ハードトップmodelの「ホンダ S800」、しかもレッドやイエローのボディカラーではない珍しいカラーのモデルが登場していました。

11位: 「1969年式:Toyota Sports 800(UP15型)」= 860万円

コンパクトなサイズが可愛い『ヨタハチ』が、並み居るスーパーカーにも引けをとらない高額落札
(出典:gazoo.com)
「ホンダ S800」のライバルモデルたなる愛称「ヨタハチ」も登場しており、そのコンパクトなパッケージに流麗なエクステリアデザインは驚きます。

10位:「1994年式:Topsecret TS8012V(JZA80改)」= 900万円
最高速350km/h以上を記録したチューンド・スープラが900万円ならバーゲンプライス?
(出典:gazoo.com)
最高速350km/h以上を記録し当時、チューニングマシンの中で注目を浴びたチューンド・スープラが900万円で落札されていました。

9位:「1996年式:Datsun 240Z (HLS30型)」= 900万円

北米日産が1996年に純正部品を集めてレストアしたと言われる『ビンテージZ』。非常に希少な「新車(国内未登録)」のS30型フェアレディZ。保管されていた状態そのままに出品され、車体には年月を物語るホコリがそのままに。色違いがもう一台出品された
(出典:gazoo.com)
北米日産が1996年に純正部品を集めてレストアしたと言われる『ビンテージZ』で、非常に希少な「新車(国内未登録)」のS30型のフェアレディZが登場していました。保管されていた状態そのままに出品され、車体には年月を物語るホコリがそのままの状態でした。色違いがもう一台出品されました。

8位:「1967年式:Datsun Fairlady 2000(SR311型)」= 1,050万円

こちらも希少な最初期型ダットサンが驚きのコンディションで登場。1,000万円超えのプライスがついた
(出典:gazoo.com)
こちらも希少な最初期型ダットサンが驚きのコンディションで登場。1,000万円超えのプライスがついていました。

7位:「1976年式:Datsun 240Z (HLS30型)」= 1,200万円

こちらがもう一台の『ビンテージZ』の出品。派手なボディカラーが人気を呼び、こちらの車体がより高額で落札された
(出典:gazoo.com)
こちらがもう一台の『ビンテージZ』の出品モデルですが、こちらの「サファリブラウン」のボディカラーが人気を呼び、こちらの車体がより高額で落札されていました。

6位:「1969年式:Nissan Skyline GT-R(PGC10型)」= 1,310万円

こちらも非常に美しいコンディションを誇る、ハコスカGT-R。雰囲気はまんま新車です
(出典:gazoo.com)
「ハコスカGT-R」の登場です。ホイールはノンオリジナルとなっていますが、フルレストアされて新車以上のコンディションかもしれません。

5位:「2007年式:Spoon NSX-R GT Version」= 1,700万円

GTレース参戦車両がそのまま出品されたNSX。ホワイトボディから組み上げられたレース車両との事
(出典:gazoo.com)
GTレース参戦車両がそのまま出品されたNSXのレーシングマシンが登場しています。ホワイトボディから組み上げられたレース車両との事です。

4位:「2002年式:Nissan Skyline GT-R V-spec II “Nur”(BNR34型)」= 3,200万円

限定グレードの中でも特に希少なバージョン「ニュル」が出品されたスカイラインGT-Rが第4位に。人気のR34型の中でもエンジンをN1仕様としたスペシャルな一台が、まるで新車の様なコンディションで出品
(出典:gazoo.com)
限定グレードの中でも特に希少なバージョン「ニュル」が出品された「スカイラインGT-R(R34型)」が第4位になりました。人気の「R34型」の中でもエンジンをN1仕様としたスペシャルな一台が、まるで新車の様なコンディションで出品されました。

3位:「1972年式:De Tomaso Pantera Group4」= 3,300万円

スーパーカー世代にはたまらないデ・トマソ・パンテーラ!イタリアとアメリカの合作とも言える70年代を代表するスーパーカー。しかも今回の出品はレース参戦のために作られたグループ4仕様!まさに希少車と言える一台が3位にランクイン
(出典:gazoo.com)
スーパーカー世代にはたまらない「デ・トマソ・パンテーラ」が登場していました。イタリアとアメリカの合作とも言える70年代を代表するスーパーカーです。しかも今回の出品はレース参戦のために作られたグループ4仕様です。まさに希少車と言える一台が3位にランクインしています。

2位:「1970年式:Toyota 2000GT」= 7,600万円

3位からグッと金額があがり、7千万円を越える高額落札となったのは、非常に美しいコンディションの2000GT(GAZOO編集部員もこんなに美しい2000GTは見た事がありません)。その希少性と美しいスタイリングで納得の高額落札
(出典:gazoo.com)
大幅な落札価格の高騰で7,000万円を越える高額落札となったのは、非常に美しいコンディションの「トヨタ 2000GT」です。後期型モデルとなる、その希少性と美しいスタイリングで納得の高額落札です。

1位:「1990年式:Nissan R90CK」= 1億7,300万円

堂々の第1位は90年代に活躍したCカー「R90CK」。今後、絶対に手に入れることのできないコレクターズカーについたプライスは驚きの1億7千万円!最後は一騎打ちの壮絶な競り合いの末に落札。落札の瞬間、会場から割れんばかりの拍手が巻き起こりました
(出典:gazoo.com)
堂々の第1位は90年代に活躍したCカー「R90CK」でした。今後、絶対に手に入れることのできないコレクターズカーについたプライスは驚きの1億7,000万円です。

「落札されなかった出品車」

 

「2013年式:Spoon S2000 ST-4」= 最低落札価格に届かず

スーパー耐久に参戦していたS2000がそのまま出品。仕上がっている一台だが、残念ながら最低落札価格に届かず。
(出典:gazoo.com)
スーパー耐久に参戦していた「ホンダ S2000」のレーシングマシンがそのまま出品されていました。

「1991年式:JUN Bonneville 300ZX(CZ32型)」= 最低落札価格に届かず

こちらも最低落札金額に届かず、落札されなかったコンプリートカーのフェアレディZ
(出典:gazoo.com)
JUNのコンプリートカーとなる「日産 フェアレディZ(Z32型)」です。

「1997年式:IDING F512TR SIII Type A」= コンディション不良により出品取りやめ

詳細は不明だが、コンディション不良により出品取りやめになったフェラーリ・テスタロッサ
(出典:gazoo.com)
詳細は不明ですが、コンディション不良により出品取りやめになった「フェラーリ・テスタロッサ」です。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。