【木星】 探査機「ジュノー」によって「大赤斑」の正体が明らかに

この記事は2分で読めます

【木星】 探査機「ジュノー」によって「大赤斑」の正体が明らかに

あわせて読みたい記事:【原油】 原油価格に影響? 今後、石油埋蔵量が世界的に変化する

あわせて読みたい記事:「ハクチョウ」? 綺麗でも危険? 対馬に滞在中の渡り鳥

木星の軌道上に入った「アメリカ航空宇宙局(NASA)」の無人探査機「ジュノー」から送られてくる観測結果、木星表面に見える赤くて丸い模様「大赤斑」はガスが渦巻く巨大な嵐で、少なくとも300年前から存在していることが解明されました。

しかも、この「大赤斑」からの熱により、上空の大気の温度が非常に高くなっていることも最新の研究で明らかになったということです。

研究の結果、木星の大気の温度は火山の溶岩よりも高い「約930~1,330度」という超高温ということで、これだけの高温は太陽からの熱だけでは説明がつかないと、ボストン大学宇宙物理学センターの「ジェームズ・オドノヒュー」氏はコメントしています。

そして、研究論文は科学誌「ネイチャー」で発表されることになりました。

www.cnn.co.jp 5

(出典:www.cnn.co.jp)

「ジェームズ・オドノヒュー」氏は声明で、「木星全体の熱の分布を調べ、エネルギーがどこから来るか手がかりを与えてくれるような温度の異常を探した。高高度で最も温度が高いのは大赤斑のはるか上空だということがすぐに判明した」とコメントしています。

そして、この「大赤斑」は、「直径約2万キロ」、なんと地球の3倍以上ある巨大な嵐で、6日周期で回転しているということです。

さらに「大赤斑は非常に大きなエネルギー源で、上空の大気を暖めている。だがこれまで、高高度で観測される温度に与える実際の影響を示す証拠は見つかっていなかった」と、論文の共著者である「ルーク・ムーア」氏はコメントしています。

www.cnn.co.jp 2

(出典:www.cnn.co.jp)

木星の「大赤斑」からは、大量の運動エネルギーとともに、気流がぶつかることで作り出された音波と大気重力波が放出され、熱を生む原因となっているようです。研究チームによれば、「大赤斑」は木星の大気の自然な流れに逆らって反時計回りに回転しているため、恒常的に大気の衝突や乱気流が起きているということです。

研究チームは、先ごろ木星の軌道上に入った「アメリカ航空宇宙局(NASA)」の無人探査機「ジュノー」から送られてくる観測結果が、「大赤斑」や木星の謎の解明を進めるカギになるのではと期待しているということです。

謎の多い宇宙において、今後も新たな発見があることを楽しみにしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。