【自然】 日本では馴染のある生物が、実は「新種」だったことが判明

この記事は2分で読めます

【自然】 日本では馴染のある生物が、実は「新種」だったことが判明

あわせて読みたい記事:「ツシマヤマネコ」 絶滅危惧種のポッチャリネコ

あわせて読みたい記事:【新種? カモメ】 こんな色のカモメは初めて見た イングランド

アメリカのアラスカ州であるベーリング海に浮かぶ岩と草地の小さなオアシス、プリビロフ諸島に属するセントジョージ島に死骸が打ち上げられたのは、体長7.3メートルの生物で2014年6月の出来事でした。

人のいない、風が吹きすさぶ海岸で、半分砂に埋まった何かを若い生物教師が目に留めたそうです。

教師は、かつてオットセイの研究者だった女性に連絡しました。連絡を受けた彼女は当初、その正体がすぐ分かったと思った。

その正体を大型で灰色、深海に潜り、時々死骸が潮流に乗って海岸に流れ着く「ツチクジラ」と思ったのでした。

ところが詳しく調べていくと、「ツチクジラ」にしては肉の色が濃すぎ、背びれはかなり大きく柔らかいのです。成体というには小さすぎるのに、歯は年齢のため摩耗して黄色がかっていました。

さらに調査が進められ、その結果、打ち上げられた「クジラ」が、DNA分析などで新種と判断され、7月26日付で科学誌「Marine Mammal Science」に掲載されました。「ツチクジラ」より小さく、妙な体形の黒いクジラは、実は、日本の漁師たちが「カラス」と呼んでいたものだったのです。

アメリカ海洋大気局(NOAA)南西水産科学センターの分子遺伝学者である「フィリップ・モリン」氏は、「個体数も、どこでよく見られるのかも、何も分かっていません。今後、解明を進めていきます」とコメントしています。

実は「クジラ」の新種が見つかるのは珍しいことなのですが、DNA研究が進んだおかげで、過去15年でクジラ目の新種は5つ発見されたが、2つはイルカであり、わずかに違うだけの近縁種の間に収まるようなケースがほとんどだったそうです。

今回の新種は、「ツチクジラ属」に含まれ、最も近い種とも外見が大きく異なるだけでなく、北太平洋の中でも海洋哺乳類の研究が何十年も続いている海域に生息していたことも興味深い点です。

論文の共著者で、NOAA国立海洋哺乳類研究所の「ポール・ウェード」氏は「まさに一大事です。地上でも大型哺乳類の新種発見は極めてまれです。そうあることではありません。大きな注目に値します」とコメントしています。

「フィリップ・モリン」氏らはセントジョージ島の死骸の調査に加え、博物館にある古い標本から骨の粉末を取ったり、オホーツク海のクジラのDNA検査結果を検討したりしました。それらの頭骨や口吻を調べ、さらには日本の捕鯨船による記録も分析することになりました。アリューシャン列島にある高校の体育館の天井から吊り下げられたクジラの骨までも調べ上げました。

nikkeibp.co.jp 1

(出典:nikkeibp.co.jp)

その結果、研究チームは、「まだ命名されていないこのタイプのクジラは、北半球のツチクジラからは遺伝的にかなり遠い。分かっている中ではツチクジラに最も近縁の、南極海に生息するミナミツチクジラともほぼ同程度の隔たりがある。それどころか、違いがあまりに大きいため、上記2種のどちらとも違うと言うほかない。2016年になっても、6メートルを超えるような哺乳類にまだ新種が見つかると思うと、とても興奮します」とコメントしています。

全海洋哺乳類の一覧を毎年発行する海洋哺乳類学会で分類委員を務める、「ロバート・ピットマン」氏は、今回の発見について「中国の「ヨウスコウカワイルカ」が実質上ほぼ絶滅し、メキシコの「コガシラネズミイルカ」も絶滅の危機にあるなど、海洋哺乳類の多様性が低下しつつある中で、今回の発見は勇気づけられる」と評価しています。

また「これだけ大きくて変わった外見のクジラを、科学界が長い間見過ごしてきたと思うとあ然とさせられます。海に関する私たちの知識がいかにちっぽけかという、はっきりしたメッセージです」と、「ロバート・ピットマン」氏は続けています。

今回の発見は、エネルギー開発からソナーの使用まで、海での人間活動が引き起こす問題を私たちがどれほど分かっているのかという疑問も突き付けていることになりました。こんな生物がいるということすら、知っている人はごくわずかだったのです。

地球には発見されていない生物が、まだまだ多く見つかるかもしれません。

期待や楽しみがあると同時に多くの生物が環境問題によって絶滅の危機に瀕していることも忘れてはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。