【サプライズ】 リゾート地を約5千円で入手? その理由とは?

この記事は2分で読めます

【サプライズ】 リゾート地を約5千円で入手? その理由とは?

あわせて読みたい記事:「サプライズ (surprise)」 飛行機で奇跡の誕生が!

あわせて読みたい記事:【ランキング】 世界の旅行先ランキング10 日本のあの場所も!

太平洋西部ミクロネシア連邦のコスラエ島にあるリゾート施設の経営者が同施設を「くじ」の景品として売り出していたところ、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州に住む男性が射止める幸運を得たというのです。

その「くじ」の値段は、もともといくらだったのかというと…。

「くじ」の値段は、「49ドル(約5,145円)」だったということです。

それにしても、「くじ」を当てたオーストラリア・ニューサウスウェールズ州に住む男性とは?

当選者の身元は、残念ながら「ジョシュア」の名前以外、明らかにされていないようです。

そもそも、どうして「くじ」の景品に?

オーストラリア人経営者の「ダグ・ベイツ」さんと「サリー・ベイツ」さん夫婦は、約20年以上前、朝9時から夕方5時までの決まり切った生活に別れを告げ、子どもと共に同島に移住し、施設を開業したとのことです。

息子や娘も成長し、子どもを持つようになった後、オーストラリア本土に戻り、拡大する家族と余生を過ごすことを決めたそうです。

「ダグさん」夫婦は「他の誰かに施設のバトンを引き渡す準備が出来た。われわれは陽光の中で時間を過ごし、大半の人間は夢見ることないだろう人生を楽しんできた。現在の目標は、プロの祖父祖母になることだ」とコメントしています。

ただ、施設を売り出す上で、最高額を提示した人物に引き渡す気持ちはなかったそうです。

しかし、その代わりに、島の生活に真剣な情熱を抱き、環境保護に熱心な人物に委ねる希望を抱いていたそうです。

16部屋を抱える同施設の公式サイトによると、経営に絡む借金はなく利益も計上しているということです。

しかも、施設の従業員も十分な数だということで申し分ない状態です。

www.cnn.co.jp 1

(出典:www.cnn.co.jp)

抽選は、2016年7月26日に実施され、当選番号は「44980」という番号でした。

どれくらいの人が「くじ」を購入していたのでしょうか?

なんと「くじ」は、100カ国以上で7万5,000枚以上売れていたということです。

「ダグ」さんは抽選前に、当選者に対して極めてシンプルな助言を示していたようです。

それは、「あなたの人生は非常に特別な方法で変化していくはず」の内容でした。

まさに、「くじ」を当てたオーストラリア・ニューサウスウェールズ州に住む男性:「ジョシュア」は「人生は非常に特別な方法で変化していく」ことでしょう。

それにしても、本当にリゾート地がプレゼントされ、美しい場所が自分のものになるなど夢のような話ですよね。

こんなことってあるんですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。