【ビジネス】 アマゾンの宅配サービス「プライム・エアー」とは?

この記事は2分で読めます

【ビジネス】 アマゾンの宅配サービス「プライム・エアー」とは?

あわせて読みたい記事:【スターウォーズ】 クワッドコプター新しい遊びが楽しめるドローン 

あわせて読みたい記事:【セレブ】 世界の富豪の資産は? 最初の資産は? ランキング!

  • 宅配サービスの競争は、日々激化していますが、ついにここまで来たか?という宅配サービスです。なんと、アメリカ通販大手の「アマゾン」社は、2016年7月26日に、「小型無人飛行機(ドローン)」を使った宅配サービスの実用化に向け、「イギリス民間航空局(CAA)」から実験、開発に必要な許可を得たことを明らかにしました。「アマゾン」社は一体、どのようなサービスを試みているのでしょうか?

ebayamazon.jp 1

  • (出典:ebayamazon.jp)
  • 「イギリス民間航空局(CAA)」の許可により、「小型無人飛行機(ドローン)」を操縦担当者の視界が届かない場所で飛ばすことが可能になるということです。さらに障害物の回避に使うセンサーの実験や、1人の担当者が複数のドローンを操縦する試験飛行にも許可が下りたとのことで開発、そして実用化に向けてのスピードが加速しそうです。
  • 「アマゾン」社は、2013年12月に商品を「小型無人飛行機(ドローン)」で宅配する「プライム・エアー」というサービスを発表し、何度か実験も試みてきました。

www.iishi.jp 1

  • (出典:www.iishi.jp)
  • しかし、アメリカをはじめとする当局の規制に阻まれ、計画は思うように進んでいない状況が続いていました。
  • 「アマゾン」社の「ポール・マイズナー副」社長は「消費者や業界、社会に恩恵をもたらすドローン技術に、英国が道を開いた」とコメントしています。

blog.goo.ne.jp 1

  • (出典:blog.goo.ne.jp)
  • 「プライム・エアー」という「小型無人飛行機(ドローン)」による宅配サービスは、「重量:25キロ以下」の高度に自動化されたドローンを、航空路や人口密集地の上空を除く地上120メートル以下の空域で飛ばす計画ということです。
  • イギリスでのサービスは、重さ:約2.3kgまでの商品を注文から30分以内に届けることをめざしているそうです。

riki-yunyuu.com 1

  • (出典:riki-yunyuu.com)
  • これが、実用化されることになれば、買い物に行くことも減っていきそうですね。僻地や高齢者や移動手段のない方にとっては、大変助かるサービスとなることでしょう。
  • 時代の大きな転換点となることでしょう。
  • 日本での実用化もいずれ来ることでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。