【ホンダ】 モーターショーで注目の「CBR250RR」遂に発売!

この記事は2分で読めます

「ホンダ(インドネシア)」:「CBR250RR」を発表

あわせて読みたい記事:【ヤマハ YZF-R25】限定モデルのスペック、価格、発売日は

あわせて読みたい記事:【大人のバイク時間 MOTO RISE】 出演者やバイクまとめ

  • 「CBR250RR」は、2015年に行われた「第44回東京モーターショー2015」に、コンセプトモデル「ライトウェイト・スーパースポーツコンセプト」として出展し、多くの二輪ファンに注目されました。
  • gigazine.net 1
  • (出典:gigazine.net)
  • 「Honda(ホンダ)」のインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社である「ピー・ティ・アストラ・ホンダ・モータ」が発表したところによると、ついに「CBR250」にスポーツエンジン搭載モデル「CBR250RR」が登場しました。この「CBR250RR」は、販売の主要国であるインドネシアで生産するということで、2016年末にインドネシアでの発売を計画しているそうです。一体、どのようなスペックなのでしょうか?

新開発:「直列2気筒エンジン」

  • honda.co.jp 1
  • (出典:honda.co.jp)
  • クラスナンバーワンの出力性能を目指して開発された、新開発の水冷・4ストローク・DOHC4バルブ・直列2気筒250ccエンジンを搭載しています。このエンジンは、市街地での扱いやすさに加え、サーキットでのスポーツ走行にも対応できる、高回転域までスムーズに吹け上がる出力特性を実現しています。さらに、スロットル・バイ・ワイヤシステム、選択可能な3つのエンジンモード設定が装備されており、ライダーの意思に合わせてリニアにパワーを引き出し、上質で安定感のある加速フィールを獲得しています。

「スタイリングデザイン」

  • honda.co.jp 2
  • (出典:honda.co.jp)
  • ヘッドライトには、「CBR」シリーズのアイデンティティを継承する「デユアルLED」を採用しています。低く構えたローフォルムのロングノーズから、高く跳ね上げたテール周りに至るまで先鋭的なウェッジシェイプが特徴的なアグレッシブなデザインと鳴ています。

新開発:「フレーム・足回り」

フレームは、新設計の「鋼管トラス構造」とし、強さとしなやかさを両立させています。スイングアームには、「アルミ製ガルアームタイプ」を採用し、右側のアームを「への字」形状とすることで、エキゾーストパイプの張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角の確保を実現しています。サスペンションは、フロントに剛性が優れた倒立タイプが装備されています。また、リアには5段階にプリロード調整が可能なプロリンク・サスペンションを採用しています。さらにブレーキは前後にABSをタイプ設定しています。ブレーキディスクは、フロント310mm、リア240mmの大径ウェーブディスクを装備するなど、スポーツ走行を考慮したメカニズムとなっています。


 今後、日本国内での発売も計画しているということなので、さらなる情報を楽しみに待ちたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。