「HONDA・CBR400F」 音色が変わるREV空冷Eg

この記事は2分で読めます

「HONDA・CBR400F」 音色が変わるREV空冷Eg

あわせて読みたい記事:「CBX400F(改)」 湘南純愛組 龍二仕様 カスタム まとめ

  • その昔、近所の駄菓子屋に毎日のように来ていたバイクに「HONDA・CBR400F」があります。
  • このバイクをご存知でしょうか?あるいは懐かしいでしょうか?
  • この「CBR400F」は、ホンダの車のエンジンでいえば「V-TEC」が可変バルブシステム搭載エンジンですが、そのバイクバージョンを搭載していたともいえるかもしれません。

CBR400F「HONDA CBR400F」photo:wikipedia)

  • 当時のバイクの車格からすると、すごく大きく見えていました。
  • 1983年12月に「I型」が登場しましたが、外観はフロントが、三角アルミステーに角型ヘッドライト、その下にオイルクーラー装備、セパハンに16インチNSコムスターホイールを装着し、フレームは角パイプのダブルクレードル、アンダーカウルが純正で装備され、リアは18インチホイールを装着し、フロントダブルディスクにしたトリプルディスクブレーキで武装していました。重量は193kgでした。

搭載「REV」エンジン

  • 搭載されていたエンジンは、399cc 空冷直列4気筒 DOHC 4バルブ「NC07E型」でした。
  • 回転数応答型バルブ休止機構「REV」システムを搭載していました。
  • この「REV」というのは通常、2バルブで作動していますが、8,500rpmを境に4バルブとなり、音色を変えて真のポテンシャルを発揮するという革新的なメカニズムです。
  • この「REV」によって最大出力は58PS/12,300rpm、最大トルク3.6kgm/11,000rpmを発生し当時「最強」のエンジンでした。

 

スポンサーリンク

[ad#rakuten-cbr400f]


CBR400F-「II型」

  • 1985年12月に「II型」となり、ステンレス製集合管、アルミ製スイングアーム、アルミ製3本キャストホイールにし軽量化とフレーム剛性を向上させ、アンダーカウルレス仕様とすることでシャープなスタイリングデザインとなりました。

近所のCBR400F

  • 近所に来ていた「CBR400F」は、ちょいカスタムでした。
  • ステーでアップライト化し、そこに真っ赤なバンダナを巻き、ハンドルは上下逆に取り付られナポレオンミラーを装着、マフラーはダイシン製、サイドカバー・リアテールはBEET製といったところでした。
  • でも、最高に音が良かったことを覚えています。「REV」に入った時の高回転で空冷独特の乾いた音は最高です。
  • 一時期は、「VFR」の片持ちプロアームを移植したり、テールのカチ上げ仕様なんてのも、私の若い時には流行っていました。
  • 最近は、「HONDA/CBR400F」そのものをさすがに見かけないですね。
  • 私は、フルカスタムというよりオリジナルを残した程度のカスタムが似合う気がしますね。
  • 現在では中古価格が100万円前後で取引されるほど高騰しているモデルになってしまいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。