【F1GP】 バーニー・エクレストンに要求された身代金が巨額!

この記事は2分で読めます

【F1GP】 バーニー・エクレストンに要求された身代金が巨額!

あわせて読みたい記事:「世界で最も稼ぐスポーツ選手」ランキング100 錦織圭が健闘!

あわせて読みたい記事:【ランキング】 世界国別億万長者ランキング TOP20 日本は?

F1最高責任者である「バーニー・エクレストン」氏の義理の母が誘拐され、犯人が身代金として、なんと「4,900万ドル(約50億円)」を要求していると報じられています。

ブラジルの『Globo(グローボ)』や『UOL(ウニヴェルソ・オンライン)』を含む複数のメディアが報じたところによれば、「バーニー・エクレストン」氏の妻である「ファビアナ・フロシ」さんの母:「アパレシダ・シュンク」さんがインテルラゴスの近郊で誘拐犯に拉致されたということなのです。

サンパウロのニュース誌『Veja(ヴェジャ)』によれば、犯人たちは身代金をイギリスの通貨であるポンドで支払うよう要求しており、それを4つの袋に分けて入れるよう指示しているということです。

現在85歳になる「バーニー・エクレストン」氏と、38歳のブラジル人妻である「ファビアナ・フロシ」さんは、イギリスのロンドンで暮らしています。それにしても、これほどの大金の身代金に対応できるのでしょうか?

『Sunday Times(サンデー・タイムズ)』が発表した長者番付によると、「バーニ―・エクレストン」氏は、イギリス長者番付で確認してみましょう。

イギリスの長者番付

「ルイス・ハミルトン」:3年連続で資産1位!(イギリス・スポーツ長者番付)

「ロン・デニス」:「3億ポンド(約482億7,285万円)」

メルセデスAMGチーム代表:「トト・ヴォルフ / スージー・ヴォルフ」:「2億4,000万ポンド(約386億1,828万円)」

blog.livedoor.jp 1

(出典:blog.livedoor.jp)

F1最高権威の「バーニー・エクレストン」氏は、2人目の妻スラヴィカと2009年に離婚したことで、1年間で「4億6,000万ポンド(約738億9,464万円)」も資産が減少しました。

この一件が、これまでで最大の資産を減らしたということです。F1ファン離れや将来への不安要素も一因となっているのかもしれません。「バーニー・エクレストン」氏が所有している一部のF1株式においても、テレビ視聴者数の低下や将来への不安要素なども影響しているということです。

それでも、総資産は約4,000億円ということです。

しかしながら、「バーニー・エクレストン」氏は、それでも「24億8,000万ポンド(約3,988億7,101万円)」もの資産を持っており、痛くもかゆくもないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。