【医療】 「薬物マリフアナ(マリファナ)」が、助けになる治療が?

この記事は2分で読めます

【医療】 「薬物マリフアナ(マリファナ)」が、助けになる治療が?

あわせて読みたい記事:「サプライズ (surprise)」 飛行機で奇跡の誕生が!

「後遺症に悩まされる」、「機能障害が出る」、「依存症になる」など最近、取りざたされることの多い薬物の使用についてですが、良い発見があったということが明らかになりました。

なんと「医療用マリフアナ」に含まれる成分が、「アルツハイマー病」の治療の助けになるかもしれないという研究結果がこのほど発表されたのです。

「注目されている成分」

アメリカは、ソーク研究所の「デービッド・シューベルト」氏が、「テトラヒドロカンナビノール(THC)」といった「マリフアナ」に含まれる精神活性成分の「カンナビノイド」に着目して研究したそうです。

「テトラヒドロカンナビノール(THC)」といった「マリフアナ」に含まれる精神活性成分の「カンナビノイド」成分には、「アルツハイマー病」の特徴である脳内のアミロイド班の除去を促進させる効果があるほか、脳の神経細胞を破壊する炎症を防ぐ効果もあることが分かったのです。

「合理的な結論として、カンナビノイドにはアルツハイマー病治療薬としての可能性がある」とソーク研究所の「デービッド・シューベルト」氏はコメントしています。

「デービッド・シューベルト」氏の初期の研究には、アメリカのアルツハイマー病協会も補助金を拠出し、同協会の研究者もマリフアナ成分によって脳の炎症を軽減できる可能性に目を向けているそうです。

ただしそれほど楽観的な見解ばかりではないということです。

リスクは?

認知症に対する医療用マリファナの効用について研究しているアメリカのミシガン大学の「ドノバン・モースト」准教授は、「たとえ班の除去が促進されたとしても、人に及ぼす効果を見極めるのは難しい」と指摘しています。

一方、デューク大学の「デービッド・カサレット」氏は、「軽度から中程度の認知症患者の家族の多くは、THCや大麻草に混乱や興奮を和らげる効果があると信じている」とコメントしています。

www.cnn.co.jp 2

(出典:www.cnn.co.jp)

「デービッド・シューベルト」氏は、「テトラヒドロカンナビノール(THC)」といった「マリフアナ」に含まれる精神活性成分の「カンナビノイド」成分についてさらに研究を進めたい意向だが、マリフアナ関連の研究には規制が多く、この分野の研究者や臨床試験も数少ないということです。

それでも「デービッド・シューベルト」氏は、「医療用マリフアナは真の医学に利用できると確信している」とコメントしています。

今後の「マリフアナ」に含まれる精神活性成分の「カンナビノイド」成分の研究次第では、医療業界に新たな希望となるに違いありません。

可能性とリスクのバランスをどのようにとって研究していくのかが、大きな課題となりそうですね。

しかし、医学の進歩には驚かされることばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。