【旧車】 カワサキ Z1000Mk.II Z1直系の最終モデル

この記事は4分で読めます

【旧車】 カワサキ Z1000Mk.II Z1直系の最終モデル

あわせて読みたい記事:「KAWASAKI 900 SUPER 4」 Z伝説の幕開け

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

  • 「Z1」の頂点に立つモデルといってもいい「KAWASAKI Z1000Mk.II」。エンジンは、1,015ccまでボアアップされ、足回りは「Z1-R」のものが装備されていました。フラッグシップ角型Zの代表格ともいえる風格は、大柄に見えるものの実際には「Z1」とさほど変わらいサイズです。紺にゴールドのピンストライプが印象的で「男」らしい「KAWASAKI Z1000Mk.II」とは?

  • 「誕生ストーリー」

  • www.ac.auone-net.jp 1
  • (出典:www.ac.auone-net.jp)
  • 1972年に登場し、伝説を築いていた「KAWASAKI Z900(Z1)」は、1976年モデルになると「Z900-A4型」となりマイルドな特性となり、1977年モデルになると「KAWASAKI Z1000-A1」として排気量は遂に1,000ccに拡大されるまでになりました。そして、スペシャルモデルとして登場したのが、「Z1000」をベースに「ビキニカウル」、「角型タンク」や「テール」に4連メーターを装備、キャブレターもビッグキャブ化され、最大出力:90ps/8,000rpm、最大トルク:8.7kgm/7,000rpmとなり、「Z1000」の83psからパワーを上げた「Z1-R(KZ1000D)」です。
  • この「Z1-R」の登場と販売の好調を受けて、フラッグシップモデルの「Z1000」をアップデートすることになり、1979年モデルとして「Z1000 Mk.II」が1978年に登場することになりました。
  • 「エクステリアデザイン」

  • yimg.jp 1
  • (出典:yimg.jp)
  • 流麗で美しいシルエットだった「Z900 / Z1」に対して、後継モデルの「KAWASAKI Z1000Mk.II」は、「角型」のタンク、シート、テールとなりました。サイズは、全長 × 全幅 × 全高:2,180 × 900 × 1,180 mmでフレームは、鋼管ダブルクレードルを使用し「Z900 / Z1」のものを継承していました。
  • www.bikeme.jp 3www.bikeme.jp 6www.bikeme.jp 5www.bikeme.jp 4
  • (出典:www.bikeme.jp)
  • エンジンヘッドのカムカバーが角型になっています。またジェネレータカバー、ポイントカバーも変更されています。2本出しのメガホンタイプのマフラーもポイントです。

  • 「パワートレイン」

  • www.bikeme.jp 1
  • (出典:www.bikeme.jp)
  • 「Z1000Mk.II」に搭載されるエンジンは、総排気量:1,015cc 並列4気筒 DOHC エンジンで、圧縮比:8.7にキャブレターは、「ミクニ VM26SS ×4(A3A型より加速ポンプ搭載:VM28SS)」を装着し、最高出力:93ps / 8,000 rpm、最大トルク:9.1kg-m / 6,500rpmを発生し、出力が「Z1-R」よりも向上していることも特徴です。そして、「Z1000 Mk.II」は、ICイグナイター付きフルトランジスタTCBI=トランジスタイグニッションが採用されました。
  • www.bikeme.jp 2 www.bikeme.jp 4
  • (出典:www.bikeme.jp)
  • 足回りは、フロントにテレスコピックを採用し、フォークは、正立の36Φ、バネレート0.9-1.8kg、リアはスイングアームに正立2本式のショックアブソーバ(7段切り替え・バネレート:1,53-2,34kg)を装着、ホイールはキャストタイプでフロント19インチ、リア18インチに250mmのディスクブレーキをフロントはダブル、リアにシングルで装備していました。

「KAWASAKI Z1000Mk.II」:スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:2,180 × 900 × 1,180(mm)「欧州仕様:2,240 × 815 × 1,155」
  • ホイールベース:1,490mm
  • シート高:815mm
  • 最低地上高:155mm
  • キャスター:26°
  • トレール:87mm
  • 乾燥重量:245 kg
  • エンジン形式:KZT00AE型(空冷4ストロークDOHC2バルブ並列4気筒) 
  • 排気量:1,015cc
  • ボア × ストローク:70.0 × 66.0(mm)
  • 圧縮比:8.7 :1
  • 最高出力:93 hp / 8,000 rpm
  • 最大トルク:9.1 kg-m / 6,500 rpm
  • ミッション:5速リターン
  • メインフレーム:鋼管ダブルクレードル 
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム 
  • ブレーキ(F/R):ダブルディスク / シングルディスクブレーキ
  • ホイール(F/R):1.85 × 19インチ / 2.15 × 18インチ
  • タイヤ(F/R):3.25V(H)-19-4PR or MN90-19 / 4.00V(H)-18-4PR or MP90-18

年代別モデル:「Z1000Mk.II」

1979年モデル

fc2.com 1

  • (出典:fc2.com)
  • 1979年:「Z(KZ)1000-A3A」、「 Z1000-A3」
  • 車台番号:「KZT00A-038427~」
  • エンジン番号:「KZT00AE081566~」
  • (KZ1000-A3Aは、北米向けの排ガス対策モデルでサイドカバーが「KZ1000Mk.II」)

  • 「Z1000ST:1979年」

  • kcg.ne.jp 1

  • (出典:kcg.ne.jp)
  • 1979年:「Z1000ST」(E1型)
  • 「Z1000Mk.II」のシャフト駆動モデルですが、エンジンこそ「Z」系をベースとしているものの、実際にはフレームやタンクデザイン、リアホイール17インチなど、異なっています。

  • 「Z1000Mk.II:1980年」

  • lmc.cc 1
  • (出典:lmc.cc)
  • 1980年:「Z1000-A4」
  • 車台番号:「KZT00A-043001~」
  • エンジン番号:「KZT00AE092601~」

  • 「Z1000H:1980年」

  • blog.kcg.ne.jp 1
  • (出典:blog.kcg.ne.jp)
  • 1980年:「Z1000H」
  • 「Z1000Mk.II」をインジェクション仕様にしたモデルです。北米向けには、「Z1」のクラシックが開発されたものの,ヨーロッパ仕様には「Z1000Mk.II」のインジェクション仕様の「Z1000H」が発売されました。インジェクションは,四輪用の「ボッシュ製Lジェトロニック」をベースにした仕様で最大出力:96ps / 8,000rpm、最大トルク: 9.1kg / 7,000rpmを発生しました。
  • カラーリングは、「ブラック / ゴールド」、ホイールも「ゴールド」で「Hカラー」と言われるものです。

  • 「モータースポーツ」

  • minkara.carview.co.jp 1
  • (出典:minkara.carview.co.jp)
  • AMAスーパーパイクで「フレディ・スペンサー」が、初勝利をもたらしたのが「Z1000Mk.II」でした。また翌1980年は、カラーリング変更を受け「A4型」となり、「エディ・ローソン」が「Z1000J」でAMAシリーズチャンピオンになる前に「Z1000Mk.II」でレースに参戦していました。1980年は、「エディ・ローソン」が、ランキング2位となりました。


  • 「カスタムモデル」

  • www.bikebros.co.jp 1
  • (出典:www.bikebros.co.jp)
  • www.bulldock.jp 3www.bulldock.jp 1www.bulldock.jp 2
  • (出典:www.bulldock.jp)
  • www.top-end.jp 1
  • (出典:www.top-end.jp)

「現在の中古車相場」

  • 「Z1000Mk.II」は、とりあえず走ります。という程度で最低で150万円から見つけることができます。価格帯としては150万円~450万円となっており、「平均相場:280万円」となっています。
  • 「Z1」の継承の最終モデルゆえに「Z」系の歴史の中の節目のモデル、そしてフラッグシップ角型「Z」の原点ともいえるモデルだけに人気が高く中古車相場も上昇傾向にあります。

まとめ

www.bikebros.co.jp 2

(出典:www.bikebros.co.jp)

  • 「Z1000MkII」は、1979年~1980年の2年間販売され、「Z」系の最終章を飾ったモデルです。1980年のモデルチェンジで「Z1000-J1 / Z1100GP-B1」となり、フレームやエンジンの基本変更があったために型式が「J」系になりました。それゆえに「Z1」シリーズの最終モデルともいえる存在です。しかも、「フレディ・スペンサー」や「エディ・ローソン」をAMAスーパーバイクシリーズで育てたモデルともいえる貴重なモデルです。まさにKAWASAKIが誇る名車の一台です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。