【アストンマーティン ヴァンキッシュザガート】シリーズ追加発表

この記事は2分で読めます

【アストンマーティン ヴァンキッシュザガート】シリーズ追加発表

あわせて読みたい記事:【アストン マーティン ヴァンキッシュS】スペック・価格・画像

あわせて読みたい記事:【アストンマーチン ヴァルカンAMRプロ】価格は3億円オーバー

あわせて読みたい記事:【スクランブル(OVERDRIVE)】あらすじ・登場車種リスト

イギリスの「アストンマーティン」社は、「アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート」シリーズのクーペ/ヴォランテ ヴォランテに続き、「スピードスター(オープンモデル)」と「シューティングブレーク(ワゴンモデル)」の生産を開始すると発表しました。

「アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート」シリーズの4モデルは、すべて「アストンマーティン ヴァンキッシュ S」をベースとしており、最大出力:600PSを発生する自然吸気V型12気筒エンジンに、スムーズでなめらかなシフトを実現する「タッチトロニックIIIトランスミッション」を組み合わせているのが特徴です。各モデルの特性に合わせてファインチューニングされたアダプティブ・ダンピングによって、デザインと同様に、刺激的で印象的なドライビングプレジャーが楽しめるセッティングが施されています。

そして、「アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート」シリーズの究極形モデルといわれるのが、今回発表された「スピードスター」と「シューティングブレーク」ということです。

「スピードスター」は、オープントップの超高性能スポーツカーならではのエキサイトメントを表現し、ルーフレス・デザインを特徴としています。シートの延長上に設置され、流線形のカウルを構成するスピードハンプと呼ばれるデザインで、これは、「ザガート」の象徴である「ダブル・バブルルーフ」を表現しているデザインとなっています。ボディパネルは、他の「アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート」シリーズと同様に、すべてカーボンファイバー製となっており、軽量化とともに剛性を向上させることが図られています。なお、「アストンマーティン ヴァルカン」からヒントを得た「ブレードテールライト」、「フロントグリル」とリアのベントメッシュに採用される3Dの「Z」モチーフなどは、4モデルに共通しています。

また2シーターの「シューティングブレーク」は、強烈な個性を備えながらも、きわめて実用的なGTとして設計されました。コンセプトスケッチに描かれた長いルーフは、「ザガート」ならではの「ダブル・バブルデザイン」を採用し、コックピットに光を導くガラスインレイが装着されています。彫刻のようなこのルーフは、電動式のテールゲートにつながり、それを開けると豪華な内装のリアキャビンエリアが出現するように設計されています。ラゲッジセットもカスタムメイドで、印象的なヘリンボーン柄のカーボンフイバー製フェイシアパネル、ブロンズアルマイト処理されたロータリー・コントロール、各所に設置された「Z」モチーフのキルティング、オプション設定されるフル・アニリンレザー仕様などが特徴となっています。

なお、「アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート スピードスター」は、28台限定で、価格は1億8,000万円といわれているものの、すべて売約済み、2018年内の納車が予定されているということです。また、「アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク」は、99台限定となり、2018年に生産開始される予定ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。