【ホンダ NSX】 新車価格は日産GT-Rの2倍以上って本当?

この記事は2分で読めます

【ホンダ NSX】 新車価格は日産GT-Rの2倍以上って本当?

あわせて読みたい記事:【ホンダ】 新型「NSX」レース仕様 最新情報 パイクスピーク

あわせて読みたい記事:「SUBARU WRX STI」 世界に通用するほど速いのか?

ホンダのスポーツカー:「NSX」のニューモデルの発表が行われて、日本でのデビューについて様々な憶測が飛び交っているのも事実です。

スペックやポテンシャルは、もちろんのこと新車価格は、一体どれくらいなのかという点も関心のあることです。

ニューモデルの「NSX」の価格

carislife.hatenablog.com 3

(出典:carislife.hatenablog.com)

なんとニューモデルの「NSX」の価格は、2,000万円オーバーになると憶測が飛び交っているようです。

もしそうなれば….。「ランボルギーニ」や「マクラーレン」と同様のスーパースポーツカーの価格帯となってしまいます。


「ランボルギーニ ウラカン LP580-2」

jp.autoblog.com 3

(出典:jp.autoblog.com)

というのも例えば、「ランボルギーニ ウラカン LP580-2」は、最大出力:580psを発生するエンジンを搭載して、最高速:320km/h以上のスペックです。新車価格:2,535万円となっています。


「マクラーレン 540C」

openers.jp 1

(出典:openers.jp)

「マクラーレン 540C」は、最大出力:540psのパワーで、最高速度:320km/h以上のポテンシャルです。

新車価格:2,188万円となっています。

もしも、ニューモデルの「NSX」が新車価格:2,000万円以上となれば、これらの世界のスーパースポーツカーと同レベルのスペックと価格となるというわけです。

carislife.hatenablog.com 4

(出典:carislife.hatenablog.com)

果たして、そのポテンシャルは…。

さらに、国産スポーツカーはおろか、世界のスーパースポーツカーと同等のポテンシャルを持っている「日産 GT-R」と比較するとどうでしょうか?


「日産 GT-R」

autoc-one.jp 1

(出典:autoc-one.jp)

「日産 GT-R」のスペックは、最大出力:570psのパワーユニットを搭載し、最高速度:309km/hです。

2017年モデルの新車価格:996万円です。

しかも、「日産 GT-R」は、ニュルブルクリンクサーキットの速さで、ニューモデルの「NSX」(まだ正式なタイムを公表していない)と同等と言われています。

そして、今回アメリカに登場したニューモデルの「NSX」のベースモデルは、新車価格:「15万6,940ドル(約1,650万円)」です。

これにハイスペックのカーボンブレーキ、オプションの内装類を加えると「19万ドル(約1,950万円)」になると言われています。

carview.yahoo.co 2

(出典:carview.yahoo.co)

日本仕様となれば、フルオプション仕様がベースと言われているために、現在の為替レート「1ドル = 105円」として計算すると、新車価格:1,950万円がベースの価格と考えられます。

では、2,000万円で収まるのか?

答えは残念ながら「ノー」です。

なぜなら、ニューモデルの「NSX」は、アメリカが生産国だからです。

「made in U.S.A」ということは、関税がかかってきます。

「made in JAPAN」ならば、当然、自動車に対する関税ゼロですから運送コストだけで済むのですが….。

アメリカ側の関係者によれば、「為替変動で価格を変えるワケにもいかない。1ドル=120円になったくらいで考えているようだ」とコメントしています。

ですから、新車価格:「19万ドル」を115円換算してみたら、すでに「2,185万円」となってしまうのです。

jp.autoblog.com 2

(出典:jp.autoblog.com)

ニューモデルの「NSX」の新車価格:2,000万円オーバーというのは、為替レートによって違うもののやはり高額な新車価格となるようです。

しかし、為替レートがいかに変動しても、2017年モデルの「日産GT-R」が、新車価格:996万円という、ニューモデルの「NSX」の半額以下で購入できるということを考えると、日本における販売はどうなってしまうのか?

さらなる「NSX-R」などのハイスペックのスペシャルモデルを登場させることも当然考えての価格なのか、今後、どのようにホンダがニューモデルの「NSX」を登場させていくのか楽しみにしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。