【国産・限定モデル】 生産台数30台以下の激レア&高額ベスト5

この記事は3分で読めます

【国産・限定モデル】 生産台数30台以下の激レア&高額ベスト5

あわせて読みたい記事:【1980年代スポーツモデル】 インパクトを残した名車5モデル

あわせて読みたい記事:【フェラーリ275GTBプロトタイプ】生産2台のモデルが競売に

あわせて読みたい記事:【ブガッティ EB110】限定15台エドニス・フェニーチェ詳細

限定モデルというのは、ベースモデルをパワーアップさせたモデルもあれば、エアロキットを装着したり、内装やボディのカラーリングが変更されているといった小規模な変更のものまで多岐にわたります。そのような中、限定生産数の希少モデルとして特異なモデルをご紹介いたします。


「ホンダ・NSX-R GT」:限定5台

「ホンダ・NSX-R GT」は、「GT選手権(当時)」での戦闘力向上のために必要なリアハッチ(シュノーケル部分)とリヤフェンダーのエアインテークに代表される外装パーツを装着したホモロゲーション取得モデル(価格:5000万円)です。現在では、売れきれ必死のモデルでしょうが、当時においては生産台数5台に対し、売れたのは1台だったということです。WEB CARTOP


「三菱・スタリオン・ガルウィング」:限定5台

「三菱」の「スタリオン」の「ガルウイング」モデルというのは、当時放送されていた石原プロ制作のドラマ「警視庁第8班ゴリラ」の劇中車を市販化したものでした。ガルウイング化は外部の架装メーカーが担当し、ガルウイング化に伴い乗車定員は2名となっていました。


「NISMO・R34 GT-R Ztune」:限定20台

「日産・R34型:スカイライン GT-R」の生産終了後に「NISMO(ニスモ)」からリリースされたのが「ニスモ・R34型:GT-R Z tune」です。このモデルは、良質な中古車をベースに排気量:2.8リッター化された「RB26」型エンジンに加えクルマ全体をトータルチューニングした「究極の第2世代GT-R」といえる存在でした。WEB CARTOP


「マツダ・ロードスター25周年記念車」:限定25台

先代モデルの「ロードスター RS RHT」をベースにソウルレッドプレミアムメタリックの外装色、オフホワイトのインテリアに加え、バランス取りされたエンジンを搭載していたモデルです。325万円の価格でした。WEB CARTOP


「NISMO 270R」:限定30台

「NISMO(ニスモ)・270R」は、ニスモの創立10周年を記念した「S14型:シルビアK’s」をベースモデルにしたコンプリートカーでした。最高出力:270psにパワーアップされたエンジン、強化された足まわり、エアロパーツなどを装着していたモデルです。限定30台としながら32台が生産されたという説もあるようです。WEB CARTOP

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。