【映画】 「ジェイソン・ボーン」 新作は、セリフ1行で1億円!

この記事は2分で読めます

【映画】 「ジェイソン・ボーン」 新作は、セリフ1行で1億円!

アメリカの俳優の「マット・デイモン」と言えば、「ボーン・アイデンティティー」(2002年)で主役のジェイソン・ボーンを演じた、超有名なハリウッドスターの一人ですよね。

その「マット・デイモン」が、間もなく公開予定のシリーズ映画最新作:「ジェイソン・ボーン」について、自分のせりふについて驚きのコメントをしています。

イギリス紙「ガーディアン」に「マット・デイモン」は、最新作の映画には、「自分のセリフが25行ほどしかない。」とインタビューで打ち明けています。

movies.yahoo.co.jp 1

(出典:movies.yahoo.co.jp)

たった「25行のセリフ」のためにいろいろな憶測が飛び交っているようです。

「マット・デイモン」の「自分のセリフが25行ほどしかない。」という発言をきっかけに、「マット・デイモン」が最新作で受け取ったギャラは、セリフ1行につき「約100万ドル(約1億円)」に上るとの憶測が浮上しているのです。

1行セリフを語って「約100万ドル(約1億円)」ということは、わずか1分ほどで、これだけの巨額の大金を受け取っていることになります。

money-163502_640

では、前作ではギャラは、いくら受け取ったのでしょう。

アメリカ誌「フォーブズ」の2007年の記事によれば、同年公開の「ボーン・アルティメイタム」で「マット・デイモン」が受け取ったギャラは、「2,600万ドル」ということでした。

さらに、アメリカ誌「バニティ・フェア」は、「マット・デイモン」が2015年の映画「オデッセイ」で受け取ったギャラは、「2,500万ドル」と報じられたことに触れ、「ユニバーサル映画が世界で12億ドルを超す興行収入を上げたシリーズ作品に「マット・デイモン」を引き戻すため支払った額を推定すると、ジェイソン・ボーンでは最低でも「2,500万ドル」が支払われたはず」と述べています。

確かに「ボーン・アイデンティティー」のシリーズは、セリフよりもアクションの方が多いことで知られ、「マット・デイモン」は自らすべてのスタントをこなしたと語っていました。

blog.goo.ne.jp 1

(出典:blog.goo.ne.jp)

それにしても、25行のセリフで「約100万ドル(約1億円)」は、凄すぎます。

「マット・デイモン」は、1作目の「ボーン・アイデンティティー」(2002年)で主役のジェイソン・ボーンを演じ、これまでに公開されたシリーズ映画:5作のうち4作に出演しています。

「マット・デイモン」は、「ボーン・アイデンティティー」のおかげでドル箱スターになることができたとも振り返ってコメントしています。

そして、最新作の映画「ジェイソン・ボーン」は、アメリカで2016年7月29日に公開予定です。

「マット・デイモン」の25行のセリフ、「約100万ドル(約1億円)」にも注目ですね。

日本においての公開も楽しみな作品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。