【映画】 ランキングトップ10:「ファインディングドリー」は? 

この記事は2分で読めます

【映画】:ファインディングドリー

あわせて読みたい記事:【映画:ファインディング・ドリー】 興行収入は、すでに記録更新

7月16日から17日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「ファインディング・ドリー」が初登場1位に輝いたということです。
ディズニー / ピクサーが手がけた「ファインディング・ドリー」は、2003年に公開された「ファインディング・ニモ」の続編。ナンヨウハギのドリーが、自身の家族を探すためカクレクマノミのマーリンやニモたちとともに大冒険を繰り広げるストーリーとなっている本編は、字幕版および日本語吹替版の海洋生物監修をさかなクンが務めたほか、日本版エンディング曲を歌う八代亜紀が本人役で声の出演も果たしている豪華キャストのアニメです。

そして第2位は、EXILE HIROが企画とプロデュースを担当したエンタテインメントプロジェクトの劇場版「HiGH&LOW THE MOVIE」でした。7月16日に開催された初日舞台挨拶では、第2弾が10月8日に公開されると発表され、新キャストとして斎藤工が参加することも明らかになったばかりです。

第3位には、松岡茉優がゲスト声優を務めた「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」がランクインしました。1位から3位までを初登場作品が占める結果となった。

さすが夏休みです。

なおロングヒットが続いていた「ズートピア」は、7月15日より順次上映終了になりました。

4月23日の公開より12週間連続でトップ10にランクインするという記録に幕を閉じることになりました。

2016年7月16日~17日の全国映画動員ランキングトップ10

www.cnn.co.jp 4

(出典:www.cnn.co.jp)
(NEW)「ファインディング・ドリー」
(NEW)「HiGH&LOW THE MOVIE」
(NEW)「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」
(1↓ / 2週目)「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」
(2↓ / 3週目)「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
(3↓ / 4週目)「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」
(5↓ / 3週目)「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」
(6↓ / 7週目)「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
(7↓ / 5週目)「貞子vs伽椰子」
(8↓ / 6週目)「64-ロクヨン- 後編」
※()内は先週の順位と公開週数※興行通信社調べ

これからも「ファインディングドリー」は記録更新をしていくことでしょう。

来週のランキングが楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。