【ネコ】 キャッツ・アット・ワーク:猫が大活躍するプロジェクト

この記事は3分で読めます

「キャッツ・アット・ワーク」:猫たちが大活躍

あわせて読みたい記事:【蚊】 刺されやい人の特徴と対策 ターゲットになる人必見 まとめ

ここ数年でネズミが急増して住民を悩ませているアメリカのシカゴで、行き場のない野良猫にネズミ対策を担ってもらうプロジェクトが成功しているそうです。

そのために申し込みや問い合わせが相次いでいるという野良猫の活躍劇に注目が集まっています。

アメリカ「シカゴ」のビール醸造所エンピリカル・ブリューイングに勤務する「ネビン・マカウン」さんによれば、「毎晩電源を落として帰宅の準備をし、倉庫の天井を見上げると、体長30センチもあるネズミがこっちを見て、『まだ帰らないのか? お腹が減ってるんだよ』とでも言いたげな顔でにらんでいた」と述べています。

cat-1445516_640

しかし、ネズミに悩まされていたのは同醸造所にとどまらないのです。

害獣駆除大手の「オーキン社」は、2年連続でシカゴを全米一の「ネズミ都市」と位置付けました。

それもそのはずでネズミ関連の苦情は2016年に入り、前年より67%増えているのです。

ネズミはペストなどの感染症のほか、抗生剤に対して耐性をもつ大腸菌などを媒介する恐れがあります。

噛まれれば深刻な健康被害をもたらしかねず、近寄らなくても糞尿を通じて細菌がまき散らされ、大量の抜け毛は通気口などを通じて運ばれていきます。

カナダのバンクーバーのネズミを調べた調査では、ヒトのメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染が多い地区ではネズミからも同じ型のMRSAが見つかっています。

気候変動や都市化に伴う古い建物の取り壊しの影響で、ネズミ問題は今後も一層の深刻化が予想されています。

苦情はシカゴだけでなく全米で増え、自治体がさまざまな対策を打ち出している状況なのです。

シカゴのレイクビュー地区に住む「ビクトリア・トーマス」さんは、近所に犬を飼う住民やレストランが多く、自宅の裏庭で400匹のネズミが見つかったこともあると打ち明けています。

cat-649164_640

毎日のように市当局に電話したり、ネズミ捕りや毒入りの餌などあらゆる手段を試したものの効果がなく、最後に行き着いたのが、動物愛護団体の「ツリーハウス・ヒュメーン・ソサエティー」だったのです。

「ツリーハウス・ヒュメーン・ソサエティー」はケージなし、殺処分ゼロの保護施設を米国で初めて1971年に開設しました。

今ではネズミ駆除の革新的なアプローチで有名になっています。

シカゴではかつて、保護されても里親が見つからない猫は殺処分されていました。

しかし、2007年の条例改正がきっかけとなり、保護団体などが捕獲した野良猫を避妊・去勢して、元の場所に戻すことができるようになりました。

cat-1400812_640

「ツリーハウス・ヒュメーン・ソサエティー」では現在、650カ所で3,600匹の猫を管理しています。

それでも中には元の場所に戻せない猫もいるのが現状です。

そこでそうした猫たちにネズミ退治を担ってもらおうと、2011年に「キャッツ・アット・ワーク」のプロジェクトが始動しました。

プロジェクト責任者の「ポール・ニッカーソン」さんは、初期に同制度を利用した1人でした。

自宅の近所で工場が取り壊されたことから庭に何百匹ものネズミが出没するようになり、「ツリーハウス・ヒュメーン・ソサエティー」に相談して猫たちに来てもらうことにしました。おかげで今では庭でネズミを見かけることはなくなったということです。

cat-1344485_640

「ツリーハウス・ヒュメーン・ソサエティー」は、単純に猫を連れて来るだけでなく、その場所に慣れてもらうために犬小屋を改造して「猫アパート」をつくり、トイレや爪とぎ、玩具、雨除けなども用意します。

猫たちが新しい環境に慣れるまでには、4週間ほどかかるそうです。

管理人は、1日2回餌を与え、必要があれば獣医師の治療を受けさせる取り決めになっているようです。

猫はネズミを捕るだけでなく、あちこちに体をこすりつけてマーキングすることから、その臭いだけでネズミはいなくなるということです。

プロジェクト管理者の「リズ・ハウツ」さんによれば、「ネズミ対策に関する限り、ほぼ100%効果がある」と胸を張る。「唯一の長期的、恒久的な解決策」ともコメントしています。

cat-1367000_640

レイクビュー地区の「トーマス」さんは、3匹の猫を導入しました。

その料金は、「約600ドル(約6万3,000円)」です。

このコストをかける価値は十分にあるようで、「トーマス」さんは、「ネズミの穴はたちまち空になった」と話しています。

猫が来てから庭でネズミは、1匹も見かけず、近所の人からも、ネズミが姿を消したと感謝されるという猫の「キャッツ・アット・ワーク」プロジェクトの効果は絶大のようです。

cat-1325437_640

冒頭のエンピリカル・ブリューイングでも、「マカウン」さんをにらみつけていたネズミは構内から姿を消したそうです。

1年半前にやってきた4匹の猫はインターネットで名前を公募したところ、映画「ゴーストバスターズ」の登場人物にちなんで「イゴン」、「ベンクマン」、「レイモンド」、「ゴーザ」と命名されたそうです。

cat-1329610_640

猫が来る前は、ネズミに袋を食い破られて年間約90キロ相当のモルトを廃棄していたが、今では廃棄せずに済むようになったことです。

醸造所内には棚や窓や扉が着いた猫タワー「ダークタワー」も完成しています。

猫を目当てに醸造所の見学に来る人も増えているということで、会社の宣伝効果ともなっているようです。

girl-1341284_640

こうした、「キャッツ・アット・ワーク」プロジェクトの成功をもとに猫を導入したいという申し込みが多く、今では30日待ちの状態ということで、アメリカ中から問い合わせが相次いでいるようです。

何よりも、猫たちの行き場ができ、殺処分されずに済むようになったことが最大の成果だと担当者は話しています。

日本のみならず、アメリカ、そして世界中で「猫ブーム」に突入しそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。