【R31 スカイライン】 1000psのMOTUL号のスペック

この記事は3分で読めます

【R31 スカイライン】 1000psのMOTUL号のスペック

あわせて読みたい記事:【R31スカイライン】R31HOUSE機動戦闘機参壱のスペック

あわせて読みたい記事:【日産 スカイライン GTS-R】ETC仕様のレストア完了する

あわせて読みたい記事:【リバティウォーク】ミウラの族車仕様を公開「東京オートサロン」

グループAで活躍し、「R32型:スカイラインGT-R」へと引き継がれた「R31型:スカイライン」のドライブトレインは、F:ストラット/R:セミトレといえども熟成された領域に達したものです。そのポテンシャルを世界のモータースポーツで試すべくドリフト仕様に仕上げたのが「R31HOUSE」の「MOTUL号」です。しかもドリフトといっても視野に入れているのは国内競技ではなく、海外のイベントなのです。2年にいちどオーストラリアで開催されるスカイラインナショナルズ内でドリフトするために作ったということです。ドライバーを務めるのは異例な21才の「蕎麦切広大」選手です。ラジコンドリフト歴が8年で、「R31HOUSE」のワークスラジドリフターとして活躍していたのですが、ドリフト歴はまだ半年というから驚きです。それでもラジコンの経験を活かして上達し凄腕のテクニックを持っています。では、「R31HOUSE:MOTUL号」のスペックに注目しましょう。


「エクステリア」

エアロキットは「R31HOUSE MODEL5」を装着し、そこにオーバーフェンダーを装備しトレッドを稼ぎ、ワイドなエクステリアとなっています。フェンダーに収まっているホイール、はWORK製の「マイスターM1R(F/R:18インチ)」にタイヤは、NANGKANG製「NS-2R(F/R: 265/35R18)」となっています。

さらに画像のようにフロントはネガキャン仕様となっています。角度を付けたドリフトができるように、フロントの足まわりはシルビアに流用しており、切れ角アップナックルなどのドリフト用パーツはオリジナル製品です。リアはセミトレながら「0キャンバー」となっているのです。


「ドライブトレイン」

パワーユニットとなるエンジンは、海外でチューニングベースとしてよく使われる輸出仕様の「RB30」型エンジンをベースにStroker kitにより3.4リットルへ排気量アップしています。さらにHKS製オイルポンプ、IN/EXカムシャフト、Hypertune サージタンク、そこにギャレット製タービンを装着しモーテックで制御することで最高出力:1,000ps / 7,200rpm、最大トルク:110kgm / 5,200rpmを実現しています。

またエンジンルームのフェンダー部分に注目すると、切れ角アップ対策のサイクルフェンダー加工もしてあります。そして、このパワーユニットに組み合わされるトランスミッションは、G-Forceの4速マニュアルとなっています。


「インテリア」

オリジナルの部分といえば、ダッシュボード、ドアのインナーハンドルくらいで、ディープコーンタイプのナルディ製ステアリング、ブリッド製のフルバケットシート、MOTEC製液晶メーター、ロールケージなど徹底した軽量化が施されたレーシングマシンとなっています。


「R31HOUSE MOTUL」スペック

  • ベースモデル:HR31型 スカイラインGTS-R
  • エンジン型式:RB30型改
  • 排気量:3,400cc
  • 最高出力:1,000ps / 7,200rpm
  • 最大トルク:110kgm / 5,200rpm
  • エンジンチューニング内容:Spool RB30 3.4L Stroker kit、HKS オイルポンプ、IN/EXカムシャフト、Hypertune サージタンク、制御 MOTEC、オリジナルマフラー、エキマニGCG
  • トランスミッション:G-FORCE 4速MT
  • クラッチ:ogura製
  • エクステリア:
  • エアロキット:R31HOUSE MODEL5+オーバーフェンダー
  • ボディカラー:赤
  • インテリア:
  • BRIDE製フルバケットシート、ナルディ製ステアリング、MOTEC製液晶メーター
  • サスペンションシステムシステム:サスペンションキット(F:MAX R:オリジナル)
  • ブレーキシステム:ENDLESS製
  • デフ:NISMO製
  • ホイール:WORK製 マイスターM1R(F/R:18インチ)
  • タイヤ:NANGKANG製 NS-2R(F/R: 265/35R18)

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。