【フェラーリ】 ラ・フェラーリにオープンボディ 最新画像 価格

この記事は2分で読めます

「ラ・フェラーリ」にオープンボディ

イタリアの高級スポーツカーメーカーの「フェラーリ」社といえば、世界中のモーターファンが憧れるクルマです。

その中でも2016年9月、フランスで開催される「パリモーターショー16」でワールドプレミアするのが、『ラ・フェラーリ』のスペシャルモデルです。

「ラ・フェラーリ」といえば、2013年3月、「ジュネーブモーターショー13」で発表されたフェラーリの最高峰モデルでした。

そして、フェラーリ初の市販ハイブリッドモデルでした。

www.ferrarilamborghininews.com 1

(出典:www.ferrarilamborghininews.com)

世界限定499台で、価格は、2億円とも言われている超高級スーパースポーツカーです。

しかしながら、2013年の時点で即完売という販売状況でした。

そして、今回「パリモーターショー16」でワールドプレミアでデビューするのが、「ラ・フェラーリ」のオープンボディです。

これは、イタリアの自動車メディア、『omniauto』に掲載されたものです。

『omniauto』メディアが、「ラ・フェラーリ」のオープンボディに関して、公式配信されている3枚以外の画像を独自入手したというのです。

そして、「車名は、『ラ・フェラーリ アペルタ』」と伝えています。

response.jp 1

(出典:response.jp)

「ラ・フェラーリ アぺルタ」は、オープンボディでありながら、やはり凄まじいポテンシャルを秘めているようです。

パワートレインは、オープンボディながらクーペボディと同じものが搭載されるようです。

排気量:6262cc V型12気筒 DOHCガソリン自然吸気エンジンを搭載し、最大出力は、なんと「800ps/9,000rpm」を発生します。

これにフェラーリのハイブリッドシステムである「HY-KERS」から、モーターの最大出力の「163ps/9,250rpm」が加わり、システム全体で「963ps」という約1000psの圧倒的パワーを引き出すのです。

そして、これに「7速ディアルクラッチ」のトランスミッションが組み合わされるようです。

carislife.hatenablog.com 1

(出典:carislife.hatenablog.com)

さらに、すでに「ラ・フェラーリ アぺルタ」は、2016年9月の「パリモーターショー16」での正式発表を前に、なんと完売しているとのことです。

生産台数は、150台が生産されると言われ、限定台数分は既存顧客へのセールスですでに完売済みということです。

そして、気になる価格が驚愕です。

hatenablog.com 1

(出典:hatenablog.com)

価格:5億5,000万円

超高級ですね。

hatenablog.com 2

(出典:hatenablog.com)

今回、『omniauto』メディアがリークした画像では、車体後部のライセンスプレート部分に、「ラ・フェラーリ アペルタ」の文字が確認できます。

2010年の『599 SAアペルタ』、2014年の『458スペチアーレ アペルタ』に続いて、「アペルタ」の名前が冠されることになるようです。

すでに完売しているとはいえ、一体どのウようなスーパースポーツカーなのか、「ラ・フェラーリ アぺルタ」のデビューが楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。