【ランキング】 「世界で最も稼ぐカップル」トップの稼ぎが凄い!

この記事は3分で読めます

ランキング:「世界で最も稼ぐカップル」 

あわせて読みたい記事:【セレブ】 2016年 最も稼いでいる世界のセレブ TOP10

あわせて読みたい記事:「世界で最も稼ぐスポーツ選手」ランキング100 錦織圭が健闘!

  • 2015年の「最も稼ぐカップル」は、「テイラー・スウィフト」と「カルヴィン・ハリス」がトップでした。
  • この二人の2016年の収入はどうでしょうか。
  • 「テイラー・スウィフト:(1位、1億7,000万ドル)」であり、「カルヴィン・ハリス(21位、6,300万ドル)」はいずれも、個人ベースで前出の突出した収入となっています。
  • ということは、この二人、別れていなければ、2016年の「最も稼ぐカップル」で第1位となっていたはずです。
  • www.elle.co.jp 1
  • (出典:www.elle.co.jp)
  • では、入れ替わりに誰が、2016年の「世界で最も稼ぐカップル」のトップになったのでしょうか?

2015年と入れ替わり

  • 2016年の「世界で最も稼ぐカップル」、第1位は、「ビヨンセ」と「ジェイ・Z」のカップルでした。
  • laughy.jp 1
  • (出典:laughy.jp)
  • 「ビヨンセ」は相変わらず、「クイーンB」という最高のニックネームにふさわしい暮らしぶりを維持しており、夫の「ジェイ・Z」と共に、2015年6月から2016年6月までの一年間の夫妻の収入は、なんと「1億750万ドル(約111億円)」になっています。
  • 「ビヨンセ」の収入は、「最も稼ぐセレブ」ランキングにおいて、「5,400万ドル(約55億7,680万円)」で34位となっており、夫の「ジェイ・Z」は、36位にランクインしています。
  • それにしても、これほどの稼ぎはどこから来ているのでしょう。

収入源は?

tower.jp 1

(出典:tower.jp)

  • 第1位に輝いた「ビヨンセ」と「ジェイ・Z」のカップルの収入に大きく寄与したのは、全米・全英で1位を獲得した「ビヨンセ」の通算6作目のアルバム「レモネード」が貢献しているようです。
  • 「ジェイ・Z」が開始した音楽ストリーミングサービス「タイダル(Tidal)」で、独占配信する形で発表したのです。
  • 音楽ストリーミングサービス「タイダル(Tidal)」は「ジェイ・Z」のほか、「ビヨンセ」や今回のランキングに名前が挙がったその他のセレブたち複数が、共同オーナーとなっています。
  • さらに「ビヨンセ」の収入の方が多くなったのは、この一年間に行った公演の回数が夫を大幅に上回ったためです。
  • 「ジェイ・Z」はこの一年、ツアーを行っておらず、アルバムもリリースしていません。
  • 一方で、その他さまざまなプロジェクトを手掛けているといった様子です。
  • 例えば、「ジェイ・Z」は、シャンパン「アルマンドブリニャック」やコニャック「デュセ」、自ら率いる「ロック・ネイション(Roc Nation)」のビジネスで多額の利益を得ているようです。
  • 「ロック・ネイション(Roc Nation)」は、単なるレコードレーベルにとどまらず、アーティストのマネジメントやスポーツ選手のエージェント部門も擁しており、「全米プロバスケットボール(NBA)」の「ケビン・デュラント(オクラホマシティ・サンダー)」、「メジャーリーグ(MLB)」の「ロビンソン・カノ(ニューヨーク・ヤンキース)」などと契約しており、このビジネスが大きく収入を動かしているようです。

もう一組の注目カップル!

www.officiallyjd.com 1

(出典:www.officiallyjd.com)

  • 今回の「世界で最も稼ぐカップル」のリストに名前が挙がったもう一組のセレブカップルは、ブラジル人モデルの「ジゼル・ブンチェン」と米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)、ニューイングランド・ペイトリオッツの「トム・ブレイディ」の夫妻でした。
  • 「トム・ブレイディ」は、試合に空気圧が低いボールが使用された「デフレートゲート(deflategate)」問題への関与が取り沙汰されたが、これに関連して収入が低くなくなるということはなかったようです。
  • 2015年はNFL選手としての副収入も多かったほか、2016年3月には2,800万ドルでチームとの契約を延長しました。
  • これによって年収:「4,400万ドル」で、54位に入りました。
  • 妻の「ジゼル・ブンチェン」は、99位でした。「クリスチャンディオ―ル」、「キャロリーナ・ヘレラ」との契約に加え、自ら手掛けるランジェリー・コレクションやスキンケア・ブランドの展開で、年間の収入は、「3,050万ドル」となっています。

ameblo.jp 1

(出典:ameblo.jp)

  • 「ジゼル・ブンチェン」の稼ぎは夫の「トム・ブレイディ」や「ビヨンセ」、「ジェイ・Z」と比べると少ない額と思えるかもしれませんが、実は100位までのリスト入りの回数は16回で、最も多くなっているのです。
  • 「トム・ブレイディ」がランキングに入ったのは今回で5回目です。
  • 「ビヨンセ」と「ジェイ・Z」はそれぞれ、9回、10回となっています。
  • love-560783_640
  • ランキングに示した収入は、ニールセンやポールスター、ボックス・オフィス・モジョなどがまとめたデータのほか、業界関係者や本人からの情報を基に割り出したものとなっています。税引き前収入であり、エージェントやマネジャー、弁護士に支払われた費用も差し引いていないランキング結果となっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。