【飛行機】 ハイブリッド小型飛行機「Extra 330LE」

この記事は2分で読めます

【飛行機】 ハイブリッド小型飛行機「Extra 330LE」

あわせて読みたい記事:【飛行機】 NASAが開発を始めた次世代飛行機「X-57」とは

全長7.5メートルの小型飛行機「Extra 330LE」が、7月4日にドイツ西部の空港で公開飛行しました。

機体の前方にモーターを搭載して、電気だけでプロペラを回転させて飛ぶことができる「Extra 330LE」のモーターの最高出力は260kW(キロワット)で、電気自動車の「日産リーフ」の80kWと比べると3倍以上のポテンシャルを備えているモーターを搭載しています。

これほど高出力のモーターを搭載した電動の飛行機による公開飛行は世界で初めての試みです。

電機メーカーの「シーメンス(Siemens)」社が、開発したモーターの重量は「50キログラム」と軽量で、1分間に2500回転する能力があります。

この推進力で1トン近い重さの機体を飛行させることが可能になっています。

機体の前方にはシーメンス製のモーターとインバーターのほかに、スロベニアの小型飛行機メーカーである「ピピストレル(Pipistrel)」社が開発したバッテリー・モジュールを搭載しています。

バッテリーの蓄電容量は公表していないが、7月4日の公開飛行では10分間にわたって飛ぶことができました。

「シーメンス(Siemens)」社は、電動の飛行機の性能を強化しながら、次のステップでは商用のハイブリッド飛行機を開発するとのことです。

大手航空機メーカーの「エアバス(Airbus)」社と共同で、2030年までに100人乗りのハイブリッド飛行機を実用化する計画ということです。

飛行距離を1,000キロメートルまで延ばして、近距離の運航に利用できるようにする予定です。

この計画を成功させるには、モーターの出力を1万kW程度まで引き上げる必要があります。

その理由は、従来のジェットエンジンを搭載した飛行機と同様に、プロペラよりも推進力が大きいダクトファンを駆動するためです。

「シーメンス(Siemens)」社と「エアバス(Airbus)」社は、2020年をめどに技術面の実現可能性を実証したうえで、商用のハイブリッド飛行機の開発を進めることにしているということです。

それにしても、ハイブリッド小型飛行機「Extra 330LE」のメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。

まずは、騒音が小さくて夜間でも離着陸できるということです。


1:燃料の消費費を大幅に削減できる。

Erfolgreicher Jungfernflug: Erstmals fliegt ein Flugzeug der Zertifizierungs-Kategorie CS23 mit Permit-to-Fly rein-elektrisch. Der Siemens-Motor hat eine Leistung von 260 Kilowatt und ein Gewicht von nur 50 Kilogramm – damit verfügt er über ein Rekord-Leistungsgewicht. For the first time ever, a plane in the certification category CS23 flies with Permit-to-Fly purely electric. The plane is powered by a 260 kilowatt Siemens motor that weighs a mere 50 kilogramm – a record-setting power-to-weight ratio.

(出典:www.flyingmag.com)

ハイブリッド自動車と同様に、モーターとガスタービンエンジンを組み合わせることで、飛行状態に合わせて最適な出力を発揮できるようになります。たとえば離陸後の上昇時にバッテリーの出力を高めて推進力を引き上げることができるのです。

「シーメンス(Siemens)」社によると、ハイブリッド飛行機は従来のジェット機と比べて燃料の消費量を最大50%まで削減できる見通しです。


2:地球温暖化対策として有効。

Robustes „Skelett“ im Flugzeug: Dank eines separaten Rohrgitterrahmens können die einzelnen Komponenten wie Motor, Umrichter oder Batterien einfach und flexibel verbaut werden. Thanks to its tube-cage construction, the Extra 330LE’s key components, such as the motor, inverter and batteries, can be easily and flexibly installed.

(出典:www.flyingmag.com)

燃焼に伴って発生する「CO2(二酸化炭素)」や汚染物質も最大50%まで削減できる見込めるという大きなメリットがあるのです。


3:騒音が格段に小さくなる。

www.aerokurier.de 1

(出典:www.aerokurier.de)

この点もハイブリッド自動車が実証済みのメリットです。

飛行機の騒音が小さくなれば、これまで夜間の飛行が禁止されていた地域でも運航できる可能性が高まります。

機体の稼働率を向上させて、航空会社の収益を改善する効果が期待できます。


www.flyer.co.uk 1

(出典:www.flyer.co.uk )

「シーメンス(Siemens)」社は、電動飛行機用のモーターを開発するにあたって、ドイツ政府が推進する航空技術研究プログラム「LuFo」の支援を受けました。ドイツ政府は航空技術を他の産業にも活用できる戦略分野と位置づけていて、特に環境対策の面で先進的な技術の開発に重点を置いています。

今後の開発の進展によって、航空機業界に革命をもたらすことになるかもしれません。

ハイブリッド小型飛行機「Extra 330LE」に大注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。