【サッカー】欧州選手権(UEFA Euro 2016)決勝結果

この記事は2分で読めます

【サッカー】欧州選手権(UEFA Euro 2016)決勝結果

サッカー欧州選手権2016(UEFA Euro 2016)の決勝が、(10日、フランス、スタッド・ド・フランス)でフランスとポルトガルの間で争われ、試合は0-0のまま、延長戦にもつれこみ、ポルトガルが1-0で勝利しました。

延長戦の後半4分に途中出場のエデルが決勝ゴールを決め、2004年以来の決勝進出となったポルトガルは悲願の初優勝となりました。

www.calepo.com 1

(出典:www.calepo.com)

スタッド・ド・フランスに衝撃が走ったのが、前半24分でした。

今大会は、準決勝まで調子がよくなかったと言えど、ポルトガルのエースであり、キャプテンでのクリスティアーノ・ロナウドがピッチに座り込みプレー続行不可能を示唆、タンカが運ばれピッチを去ったのです。

前半7分過ぎにパイエの激しいタックルを左ひざに受け、テーピングを巻きプレーを続けていたが、ついに走れなくなったのでした。

「夢は代表での優勝。僕らが勝てると信じている。歓喜の涙を流したい」。と決勝前に語っていました。

前半のスコアは、0-0。

フランスのボール支配率は55パーセント。

フランスが積極的に仕掛け、9分、パイエからにロングクロスに走りこんできたグリーズマンが見事にヘッドがあわせた。

枠を捉えたが、GKのロリスが飛び上がって左手でセーブ。

デジャン監督が、大会途中にシステムを4-2-3-1に変更して、グリーズマンが、ウイングからトップ下に置かれてからから、ジルーとの連携が機能して得点力がアップ。

一方、ナニとツートップを形勢していたロナウドを失ったポルトガルは、急遽、4-1-4-1にシステムを変更。

 

勝負の後半。フランスは9分、パイエのクロス、ポグバのミドルと波状攻撃を仕掛けるが、枠をとらえることはできない。

さらに14分には、左サイドを割ったグリーズマンがグラウンダーのシュートまで運ぶが、パトリシオが好セーブ。両チーム共にディフェンスが踏ん張り、一進一退の攻防が続いた。

20分。フランスのコマンが、左サイドから上げた絶好のクロスに入ってきたグリーズマンがフリーでヘッドをあわせたが、惜しくもゴールの上へ。

21分、コマンがミドル。日程的にはポルトガルより不利で疲労が蓄積しているはずのフランスが攻撃のリズムをつかみつつある。

34分、ポルトガルはナニが右サイドの難しい角度からシュート。はねかえったボールをクアレスマオーバーヘッド。いずれも枠内を襲ったが、GKロリスが決死のセーブでゴールを許さない。

38分、今度は、中盤でボールを運んだソシコが、強烈なミドル。こぼれたボールをさらにフォローして、ソシコが、続けてヘッドでゴールを狙うがいずれもパトリシオの攻守に阻まれる。

ロスタイム:ペナルティエリア内でボールを受けた途中出場のジニャックが、切り返してぺぺをふりきり決定的なシュートを放つが、惜しくもゴールポストに嫌われた。

90分で勝負はつかず、決勝は、前後半を15分づつ戦う延長戦。

イエローが飛び交う激しい30分間の闘いとなった。

延長前半13分には、ポルトガルが右のコーナーキックからファーサイドにいたエデルがヘッドであわせたが、バウンドしたボールをGKのロリスが左手で止める。 

延長後半2分にポルトガルは、ゴール前で絶好のFKを得ると、クアレスマが蹴るとみせかけて、ゲレロが左足でシュート。だが、バーに当たってゴールならず。

4分、ドリブルで中央に持ち込んだエデルが右足でゴールの左隅へゴール。

開催国のフランスは、1点を追い猛反撃を試みたが、ポルトガルは粘り強くマークを続けて守りきった。

途中退場していたロナウドは、足をひきづりながら、サイドラインから声を出し続けていた。エースの途中退場で生まれた結束の勝利をものにしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。