【ハプニング】 69億円を手にした元モデル! どうやって?

この記事は2分で読めます

「69億円を手にした元モデル」

イギリスの裁判所は7月7日、アメリカ国籍の元モデルがサウジアラビア人の大富豪の元夫を相手に申し立てていた離婚調停で、元夫に対し、年間:「100万ポンド(約1億3000万円)」の洋服代を含め総額:「5300万ポンド(約69億円)」の慰謝料の支払いを命じたというのです。

巨額の慰謝料を手にするのは元モデルの「クリスティーナ・エストラーダ(Christina Estrada)」さん(54)です。

「クリスティーナ・エストラーダ(Christina Estrada)」さんの弁護団によれば、「クリスティーナ・エストラーダ(Christina Estrada)」さんの現在の資産と慰謝料を合わせた総額は、なんと「7500万ポンド(約98億円)」に達するということです。

どういう経緯?

「クリスティーナ・エストラーダ(Christina Estrada)」さんは、元夫の「シェイク・ワリード・ジャファリ(Sheikh Walid Juffali)」さん(61)に、巨額の「1億9600万ポンド(約255億円)」の慰謝料を請求していたが、裁判所の判断に対しては感謝の意を示したそうです。

「クリスティーナ・エストラーダ(Christina Estrada)」さんは、「ワリードと私が送ってきた華々しい生活は、とても幸せで高尚なものだったことは十分に理解している。より広い世界でこのことがどのように認識されるかも理解している」とコメントしています。

審理で物質的な要求について追及された「エストラーダさん」は、「私は世界的なトップモデルでした。私はこういう生活を送ってきたんです。こうした生活に私は慣れているんです」と主張していました。

「エストラーダ」さんが要求していた慰謝料には、イギリスのロンドン(London)に住宅を購入するための費用の「6000万ポンド(約78億円)」、ロンドン西方の「ヘンリーオンテムズ(Henley on Thames)」に邸宅を購入する費用の「440万ポンド(約5億7000万円)」、車5台の購入費が「49万5000ポンド(約6450万円)」の他、毛皮のコートのための年間「4万ポンド(約520万円)」、オートクチュールのドレスのための「10万9000ポンド(約1420万円)」、靴のための「2万1000ポンド(約270万円)」といった洋服代が含まれていました。

so-net.ne.jp 1

(出典:so-net.ne.jp)

元夫の「シェイク・ワリード・ジャファリ(Sheikh Walid Juffali)」さんは末期がんを患い、現在スイスで治療を受けているということです。

「ジャファリ」さんは、「エストラーダ」さんが知らないうちにイスラム法に基づいて離婚し、2012年に25歳のレバノン人モデルと再婚していました。

ロンドンは「離婚の都」として知られ、認められる慰謝料が世界のどの都市よりも高く、離婚調停や訴訟では女性にとって魅力的な場所となっているそうです。

巨額の離婚慰謝料も凄いですが、夫が勝手に離婚できる制度も悪い意味で凄いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。