【スーパーGT】 NSXがトップ 鈴鹿サーキット 7/9の結果 

この記事は3分で読めます

【スーパーGT】 NSX

関連記事:【スーパーGT】 NSXがトップタイム 鈴鹿サーキット タイム結果 

「スーパーGT」、鈴鹿サーキットの公式テスト、7月9日の午後からセッション4が行われ、ウエットコンディションのなか、GT500クラスは、「ARTA NSX CONCEPT-GT」が、トップタイムを記録し昨日の午後に続き、「NSX」がトップとなっています。そして、GT300クラスは、「ARTA BMW M6 GT3」がベストタイムをマークしています。

as-web.jp 5

(出典:as-web.jp)

7月8日にドライでの走行時間を増やすため、当初予定よりも短い1時間20分+セーフティカー訓練という予定で行われたセッション4では、ほとんどのチームがコースインしました。

13時20分から行われたセーフティカー訓練の際には、「ZENT CERUMO RC F」がストップしたものの、セッション4中に再コースインすることができました。

ウェットの路面状況のせいもあり、開始11分過ぎに「UPGARAGE BANDOH 86」が、1コーナーでコースアウトし、タイヤバリアにクラッシュし、赤旗中断となる。

しかし、その赤旗解除直後には「WedsSport ADVAN RC F」がデグナーでコースアウト、赤旗となる。また、開始1時間というところでは31号車「TOYOTA PRIUS apr GT」が立体交差先でクラッシュし、赤旗と中断することが相次ぐ形となりました。

三度の赤旗のためセッション4は10分間延長となりましたが、コースコンディションが改善していきました。

その状況変化に伴い、タイムも上昇しました。

最後は、「野尻智紀」選手がドライブした「ARTA NSX CONCEPT-GT」が、「1分55秒503」までタイムを上げ、トップタイムで終了しました。

2番手には「アンドレア・カルダレッリ」選手が、ドライブした「WAKO’S 4CR RC F」が続いています。

as-web.jp 6 as-web.jp 7

(出典:as-web.jp)

GT500タイム結果:

  • 1位:ARTA NSX CONCEPT-GT / 1’55.503
  • 2位:WAKO’S 4CR RC F / 1’56.130
  • 3位:RAYBRIG NSX CONCEPT-GT / 1’56.134
  • 4位:DENSO KOBELCO SARD RC F / 1’56.506
  • 5位:KeePer TOM’S RC F / 1’56.619
  • 6位:au TOM’S RC F / 1’57.122
  • 7位:カルソニック IMPUL GT-R / 1’57.322
  • 8位:ZENT CERUMO RC F / 1’57.631
  • 9位:ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT / 1’57.667
  • 10位:KEIHIN NSX CONCEPT-GT / 1’57.880
  • 11位:S Road CRAFTSPORTS GT-R / 1’58.577
  • 12位:フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R / 1’58.849
  • 13位:Epson NSX CONCEPT-GT / 1’59.070
  • 14位:MOTUL AUTECH GT-R / 1’59.444
  • 15位:WedsSport ADVAN RC F / 1’59.651

「GT300クラス」

as-web.jp 8

(出典:as-web.jp)

GT300クラスでは、「ARTA BMW M6 GT3」がマークした「2分08秒228」が、ベストタイムです。

これによって、「AUTOBACS RACING TEAM AGURI」が両クラスともベストタイムといチームにとってうれしい結果となりました。

2番手は「Hitotsuyama Audi R8 LMS」、3番手は「SUBARU BRZ R&D SPORT」が、そして、クラッシュした31号車「TOYOTA PRIUS apr GT」が4番手となりました。

また、前日都内でイベントに参加しデモランを行った「Studie BMW M6」も、このセッション4で無事走行することができ、19番手でセッションを終えています。

GT300タイム結果:

  • 16位:ARTA BMW M6 GT3 / 2’08.228
  • 17位:Hitotsuyama Audi R8 LMS / 2’08.497
  • 18位:SUBARU BRZ R&D SPORT / 2’08.631
  • 19位:TOYOTA PRIUS apr GT / 2’08.698
  • 20位:シンティアム・アップル・ロータス / 2’09.115
  • 21位:GAINER TANAX AMG GT3 / 2’09.744
  • 22位:GAINER TANAX GT-R / 2’10.539
  • 23位:VivaC 86 MC / 2’10.760
  • 24位:GULF NAC PORSCHE 911 / 2’10.780
  • 25位:Excellence Porsche / 2’10.928
  • 26位:グッドスマイル 初音ミク AMG / 2’10.966
  • 27位:LEON CVSTOS AMG-GT / 2’11.192
  • 28位:マネパ ランボルギーニ GT3 / 2’11.316
  • 29位:UPGARAGE BANDOH 86 / 2’11.643
  • 30位:DIJON Racing GT-R / 2’11.673
  • 31位:AUDI R8 LMS / 2’12.197
  • 32位:TOYOTA PRIUS apr GT / 2’12.300
  • 33位:B-MAX NDDP GT-R / 2’12.823
  • 34位:Studie BMW M6 / 2’12.932
  • 35位:ODYSSEY SLS / 2’13.186
  • 36位:SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 / 2’13.190
  • 37位:エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT / 2’13.327
  • 38位:DIRECTION 108 HURACAN / 2’13.455
  • 39位:RUNUP Group&DOES GT-R / 2’13.817
  • 40位:JMS LMcorsa 488 GT3 / 2’14.530
  • –位:マッハ車検 MC86 / —
  • –位:DIRECTION 108 HURACAN / —
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。