【フェラーリ365GTB/4コンペティツォーネ】レース用が競売

この記事は3分で読めます

【フェラーリ365GTB/4コンペティツォーネ】レース用が競売

あわせて読みたい記事:【フェラーリ 365GTB/4 レーシング】価格は、1億越え!

あわせて読みたい記事:【フェラーリ365 GTB/4 スパイダー】価値は3億円以上?

あわせて読みたい記事:【世界で最も高価な車:ベスト10】車一台で驚愕価格!名車は高価

「フェラーリ・デイトナ」のレーシングバージョンである「フェラーリ 365GTB/4コンペティツォーネ」がオークションに登場予定とのことです(”デイトナ”は通称名で正式名称は365GTB/4)。

デビューはというとパリ・サロンで1968年秋のことで、すぐさま「デイトナ」と呼ばれるようになっています。これは当時のメディアがつけた非公式なネーミングですが、おそらく1967年の「デイトナ24時間レース」で「フェラーリ」が1位から3位を独占する勝利を飾ったことをたたえて付けられたと思われます。実にこの非公式な名前が定着し、いまでも広く使われることになっているのです。「フェラーリ 275 GTB/4」の後継モデルである「フェラーリ 365 GTB/4」は、超高性能なフロントエンジンスポーツカーの歴史におけるマイルストーンとなりました。現代的でバランスのとれたピニンファリーナのラインは、6基のウェバーツインチョーク40mmキャブレターが燃料を供給する、最新型4.4リッターV12エンジンとよくマッチしています。トランスアクスルがもたらす理想的な重量配分により、まれに見るバランスのよさを備えています。

ボディはホイールベース:2,400mmの「ティーポ605」シャシー上に構築され、すべてロードカー用の奇数のシャシーナンバーが打刻されました。シャシーは2本の大口径断面の楕円チューブが縦方向に走り、この2本を頑丈なクロスメンバーが繋ぐとともに、サブフレームがボディと補機類を支持します。ハンドルは左右どちらでも選ぶことができました。標準のホイールは星形5本スポークの軽合金製で、ラッジのセンターハブにノックオフ式スピンナーが備わります。ただし法規の関係からアメリカ仕様と、一部の輸出仕様では大型のセンターナットで固定しました。ボラーニ製ワイアホイールが生産期間を通じてオプションで用意されています。

そして、レース用の「フェラーリ デイトナ」は、「フェラーリ」がオフィシャルに製造していますが、これは生産が厳しく限定(15台)とされており、プライベーターが手に入れることは非常に難しかった、とされているモデルです。そのためにプレイベーターは自分たちでデイトナを「レース用に改造」することにしたようですが、こういった「後にレース用にコンバート」された「フェラーリ デイトナ」は、11台が存在しているとのことです。

今回オークションに登場するのもその1台で、製造は1971年モデルとなっています。ル・マンの「4時間レース」に出場したこともあるそうで、GTクラスを5位でフィニッシュしている、とのことです。もともとはパリのフェラーリディーラーが新車で「フェラーリ デイトナ」を購入し、自社のレース部門で「レース用にコンバート」したもので、排気量アップ、レース用のカムやキャブレターなど数多くのチューンを行い、ロールバー装着やホイール変更もなされています。さらには、ボディパネルも変更されてリアブレーキ冷却用のダクト追加、給油口の位置変更など独自のノウハウが注ぎ込まれており、かなりカスタマイズされたモデルとなる1台と言えそうです。その後2007年にはフェラーリの専門家が1972年当時のスペックに戻すと同時にレストアを行い、2008年にはエンジンのリフレッシュも施されています。その際には軽量コンロッドやピストンなどが装着されてさらにパフォーマンスが引き上げられ、現在の出力は455馬力の仕様となっています。ほかにはサイドエキゾースト、大容量ブレーキ、新しいサスペンションが組み込まれて「いつでもレースに出られる」状態となっている、とのことです。

「フェラーリ 365GTB/4 デイトナ」は、1406台が製造され、うち122台がオープン仕様です。クーペモデルはおおよそ1億円以下、オープンだと2億円以上で取引されています。レース仕様のデイトナだとやはり1億円はくだらない相場とみられており予想最高落札価格は1億9,000万円、とされています。


「フェラーリ 365GTB/4(デイトナ)」:スペック

  • 全長:4,425ミリ
  • 全幅:1,760ミリ
  • 全高:1,245ミリ
  • 車重:1,200キロ
  • エンジン形式:4.4リッターV型12気筒
  • 出力:352馬力
  • フレーム:スチール製チューブラー
  • サスペンション:前後ダブルウィッシュボーン
  • トランスミッション:5速MT
  • 最高速度:時速280キロ
  • アメリカの「ロード&トラック」は、1974年11月号で、コンペティションバージョンのトラックテストの結果を掲載しています。ポテンシャルは、0-60mph加速で5.8秒を、0-100mph加速で12.6秒を、0-400m加速で14.5秒を記録し、400m地点到達スピードは107.5mph(約173 km/h)に、最高速は186mph(約299.3 km/h)のスペックを誇ります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。