「LEGO LAND japan(レゴランドジャパン)」 2017年OPEN

この記事は1分で読めます

来年2017年4月1日にグランドオープン予定となっているのが、「LEGO LAND japan(レゴ ランド ジャパン)」です。

子供から大人まで世界中ファンを持つ、レゴブロックで有名な「LEGO社」が世界で8ヵ国目となるファミリーテーマパーク屋外施設として、9.2万平方メートルの敷地面積に総事業費320億円をかけて愛知県名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地に建設予定です。

legoland-malaysia-261538_640「レゴランド・マレーシア」

 

  • 何があるの?

「LEGO LAND japan」では、ファミリー向けということもあり、レゴブロックで作られた模型「高さ2メートルの名古屋城」はもちろんのこと、アトラクションやジェットコースター、ショーなど、そして「レゴホテル(200室)」、物販施設や飲食施設は50棟も予定しています。

スポンサーリンク

[ad#rakuten-lego1]  

 

  • 料金は?

年間パスポート「1ST TO PLAY」が公式サイトより、5月19日から発売されています。

大人:17,300円 子供:13,300円となっており2017年4月1日より1年間有効です。

現在発売中の初回特典として「プレビューデー(2017年3/18-21)」や限定レゴブロックのプレゼントが付いているようです。

入場料:未発表ですが、他の「レゴランド」と比較すると、大人:2,300円 子供:2,000円くらいのようです。

lego-1157434_640 

海外にある「LEGO LAND」、たとえば「ヴェネツィア」や「マレーシア」など見てみると、子供が対象とは思えないほど、大人も楽しめるテーマパークとなっていることに驚きます。

legoland-274678_640「レゴランド・ヴェネツィア」

 

  • 公式サイト

「LEGO」ファンにとっては、国内最大のレゴ施設ですし、1日では回りきるのは難しいでしょうね。事前にチェックして計画的に遊びましょう。

もうこれは子供のみならず大人も楽しむことができそうです。

スポンサーリンク

[ad#rakuten-lego2]

公式サイトでは、「LEGO LAND japan」の動画を見ることができますから、一度ご覧になることをお勧めいたします。

「LEGO LAND japan(レゴランドジャパン)」の公式サイト⇒ www.legoland.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。