【WEBサイト「ジャパンアーカイブズ」】 見える歴史辞書が凝縮

この記事は2分で読めます

WEBサイト「ジャパンアーカイブズ」とは

国会図書館まで行けば、何でも閲覧できるけれど、身近に閲覧できるサイトってなかなかないですよね。

ついに登場しました。

これは、活用できそうですね。

写真・絵葉書・動画などを60を超すカテゴリーに分類・整理し、時系列で並べて日本の近現代史を“見える化”しているWEBサイト「ジャパンアーカイブズ」。

jaa2100.org 6 jaa2100.org 7 jaa2100.org 5

(出典:jaa2100.org)

1850年代から最新の情報では、新たに選挙権を得た18歳も含め、改めて過去を振り返ることができる幅広いものとなっています。

アーカイブは、生活や教育・スポーツ、芸術・趣味、メディア、国際関係など15の大分類の下に、66のテーマを設けて分類・整理されて公開されています。

jaa2100.org 4jaa2100.org 3jaa2100.org 1jaa2100.org 2

(出典:jaa2100.org)

各年の画像がまとめて表示されているために、視覚的、直観的にその時代の大きな潮流をつかみ、見た人が生まれる前の時代を疑似体験、生まれてからの時代を追体験できるようになっています。

撮影者の意図や画像の切り取り方、という制約はあるものの、活字より表現者の主観が少なく、見る人にダイレクトに訴える利点は無視できませんよね。

jaa2100.org 9 jaa2100.org 11

(出典:jaa2100.org)

憲法改正やエネルギー問題、国家間における国際問題、環境問題など、日本の今後を考えるためにも非常に役立ちそうですよね。

WEBサイト「ジャパンアーカイブズ」によると説明とコンセプトを次のようにしています。


「アーカイブズとは」

アーカイブ(archive)の語源は「古文書」にあり、辞書(三省堂)に「記録や資料などをひとまとめにして保存すること」「そのようにしてまとめられた資料群のこと」さらに「その保存場所や保存機関のこと」と書かれています。

アーカイブズとは「アーカイブ」をさらにひとまとめにした「辞書」のようなもの、探求(ギリシャ語でヒストリエー、英語historyの語源)することで正確な歴史知識を持つことができます。


「コンセプト」

このHPは日本の近現代史を次のようなコンセプトでとらえていこうとする取り組みです。

コンセプト1 – 『小さな象』

jaa2100.org 8

(出典:jaa2100.org)

  • 全体像が理解できないのは目が不自由だからではなく、象が大きすぎること。
  • アーカイブズの発想の原点は、「小さな象を作る」です。

コンセプト2 – 『時代の空気』

jaa2100.org 13

(出典:jaa2100.org)

  • 時代の空気は、経済や政治、国際情勢や国内外の流行など、さまざまなことがらで醸成されます。
  • アーカイブズでは「あの時代」、という時代の空気を大切にしています。

コンセプト3 – 『イメージではなく』

jaa2100.org 12

(出典:jaa2100.org)

  • 当時の画像資料やエフェメラ(当時の紙資料など)を用いて時代をつむぎ、次の世代に正確な近現代史をつたえていきます。

コンセプト4 – 『歴史を鏡として』

jaa2100.org 10

(出典:jaa2100.org)

  • 時計の針を逆に回すことはできませんが、歴史をバックミラーとしてより安全な道を進むことができます。
  • 同じ過ちを起こさない。これもまたアーカイブズの大きな目標です。
  • 「過去に目を閉ざす者は、結局のところ現在にも盲目となります(永井清彦訳)」ドイツの政治家ヴァイツゼッカー(1920-2015)が1985年の演説で用いた言葉です。

コンセプト5 – 『いつまでも未完成』

jaa2100.org 14

(出典:jaa2100.org)

  • 歴史はいつもうしろから押されて次の時代に進みます。
  • いつまでも終わることはありませんが、当面の最終GOALは2100年。
  • 今年に日本に生まれた子供たちが戦争を経験をすることなく生涯を閉じるのが、22世紀だからです。

そして、WEBサイト「ジャパンアーカイブズ」は、次のように述べています。

  • ジャパンアーカイブズでは客観性の保持を常に心がけています。
  • 画像は随時、追加アップロードされます。「新着情報」にてお知らせします。

過去から学び、将来に活かすことが重要なことです。

まじめにWEBサイト「ジャパンアーカイブズ」を閲覧し、教訓を得るのも良し、こんな時代があったんだ、こんな出来事は懐かしいと、過去を振り返って話題作りや楽しみとすることもできるでしょう。

随時、更新されるということですので、定期的に閲覧すると楽しそうですね。

詳細:https://jaa2100.org/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。