【ハイパーカー】 レッドブルの「AM-RB 001」が遂に発表

この記事は2分で読めます

「AM-RB 001」とは?

2016年の3月に、レッドブルとアストンマーチンがパートナーシップ契約を結び、次世代のハイパーカーを製作することが発表されていました。

そのハイパーカーである「AM-RB 001」が、ついに7月5日に公開されました。

レッドブル・レーシングとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズは、アストンマーチンとイノベーション・パートナーシップを結び、次世代のハイパーカーを製作するプロジェクトをスタートしました。

この契約によってレッドブルのチーフテクニカルオフィサーである「エイドリアン・ニューエイ」氏は、アストンマーチンのチーフクリエイティブオフィサーである「マレック・レイチマン」氏らと協力して、“プロジェクトAM-RB 001”というコードネームのハイパーカーを製作することが発表されていました。

そして、7月5日に両者は、「AM-RB 001」というハイパーカーを発表したのです。

GAYDON, ENGLAND - JULY 05:  Adrian Newey, the Chief Technical Officer of Red Bull Racing, Daniel Ricciardo of Australia and Red Bull Racing, and Marek Reichman- Executive Vice President & Chief Creative Officer, Aston Martin Lagonda Ltd reveal the AMRB 001 at the Aston Martin and Red Bull Racing Project AMRB 001 Unveil on July 5, 2016 at the Aston Martin Headquarters in Gaydon, England on July 5, 2016 in Gaydon, England.  (Photo by Mark Thompson/Getty Images) // P-20160705-07176 // Usage for editorial use only // Please go to www.redbullcontentpool.com for further information. //

(出典:www.f1-stinger.com)

詳しい仕様は公表されてはいないものの、自然吸気V型12気筒エンジンを搭載の予定であり、カーボンファイバー構造によりパワーウェイトレシオは、驚愕の1:1となることが予想されているマシンです。

約30年におよぶF1キャリアの中でタイトル獲得マシンを10車生み出してきた「エイドリアン・ニューエイ」氏は、「このプロジェクトにかかわることで子どものころからのふたつめの目標を達成した」とコメントしています。さらに「ロードカーをデザインしたいという希望を長年抱いていた。レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズがその夢の実現に一歩近づかせてくれたが、自動車メーカーと提携すべきであることは分かっていた。アストンマーチンは私のリストのトップにあった。AM-RB 001は真のロードカーでありつつ、コース上で最上級のパフォーマンスを示すものでなければならないと私は考えてきた。つまりふたつのキャラクターを持たなければならないということだ。このマシンにおいて実現させようとしてきた秘密はそれである。御しやすく快適であることを可能とするテクノロジーと同時に、計り知れないほどの能力を持つ車だ」ともコメントしています。

さらにレッドブル・レーシングのドライバーである、「ダニエル・リカルド」選手は、この車の開発にぜひかかわりたいと話しており、「今日この車を初めて見た。スケッチは見たことがあったけど、実物は全く違う。ものすごくわくわくしている。できるならぜひとも開発作業にかかわりたい。これが公道を走るなんてまだ信じられない。最高のレースカーに見える」と興奮気味のコメントしています。

確かにハイパーカーである「AM-RB 001」が、どのようにして市場に現れるのか楽しみにしたいですね。

今後の開発の進展を期待して待ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。