【リバティウォーク】ミウラの族車仕様を公開「東京オートサロン」

この記事は2分で読めます

【リバティウォーク】ミウラの族車仕様を公開「東京オートサロン」

あわせて読みたい記事:【60セカンズ】マスタング・エレノアのレプリカの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2018】東京国際カスタムカーコンテスト結果

あわせて読みたい記事:【1980年代スポーツモデル】 インパクトを残した名車5モデル

世界に日本の初期のカスタム(族車・街道レーサー)を広げ、今やJDMのシャコタン仕様は「リバティウォーク(Liberty WAlk)」と言えるほどの知名度となっているカスタムショップです。その「リバティウォーク(Liberty WAlk)」が、カスタマイズしたモデルが「フォード・GT40レプリカ」の「ランボルギーニ・ミウラ族車仕様」なのです。このカスタムマシンの完成度が素晴らしいです。

実は「リバティウォーク(Liberty WAlk)」は、「東京オートサロン 2018」へと出品しています。「リバティウォーク(Liberty WAlk)」のカスタムの定番スタイル「シャコタン」、「オーバーフェンダー」、「シャコタンミラー(ビタローニミラー)」に「旧車ホイール」を組み合わせています。それにしても「ランボルギーニ・ミウラ」の街道レーサー仕様とは驚きです。ベースモデルの「フォード・GT40 レプリカ」は「GT Developments」製の車体とのことです。

  • Lamborghini photo at LamboCARS.com

興味深いのはベースモデル(レプリカ)のボディサイズです。

  • 「フォード・GT40」のボディサイズ
  • 全長:4,293mm
  • 全幅:1,778mm
  • 全高:1,016mm
  • 「ランボルギーニ・ミウラ」
  • 全長:4,360mm
  • 全幅:1,780mm
  • 全高:1,050mm

こうして比較してボディサイズを見るとサイズは、驚くほどに非常に近いサイズとなっています。

  • Lamborghini photo at LamboCARS.com

そして、「フォード・GT40 レプリカ」をカスタムするにあたって「リバティウォーク(Liberty WAlk)」は、ボディパネルのすべて(ルーフ、サイドシル、ドア含む)を「ランボルギーニ・ミウラ」のようなオリジナルへパーツと入れ替え、ヘッドライト部分以外を「ランボルギーニ・イオタ」のようなエクステリアデザインに仕上げています。

  • Lamborghini photo at LamboCARS.com

オーバーフェンダーが装着されることによって、このフェンダーによって拡大されるのは「25センチ(片側12.5センチ)」となっているようです。幅は単純に計算すると2,030mmくらいといえるでしょう。

  • Lamborghini photo at LamboCARS.com

さらに「全高」については「エアサスペンションシステム」を搭載しているために、車高が5cmほどアップできるようです。このシャコタン状態であれば、全高:1,000mm以下になっているかもしれません。

  • Lamborghini photo at LamboCARS.com

なおオーバーフェンダーに収まっているホイールは、15インチで幅はフロント10J、リア12J(スペーサーは60ミリとのことです。)のSSRマークⅢの超深リムホイールが装着されています。

  • Lamborghini photo at LamboCARS.com

インテリアは「フォード・GT40 レプリカ」の状態をを維持しており、アルカンタラ張りのMOMO製ステアリングホイールやイエローにペイントされたロールケージなどが追加されています。

  • Lamborghini photo at LamboCARS.com

エンジンフードのルーバーから覗く、パワーユニットとなるエンジンは「フォード・GT40 レプリカ」のままでV型8気筒OHVが縦置き搭載されています。ちなみに本物の「ランボルギーニ・ミウラ」はV型12気筒エンジンを横置き搭載しています。ウェーバー製のツインチョークキャブレター×4、ウルフ製のカスタムエキゾーストマニフォールドを装着(サイレンサーなし)で直管ストレート仕様となっています。

  • Lamborghini photo at LamboCARS.com

ちなみにポップアップ式ヘッドライトは、「東京オートサロン 2018」の時には、まだ可動式ではなく、今後カスタムされていくということでした。オーバーフェンダーにシャコタン八の字のネガキャンで「ランボルギーニ・ミウラ」の街道レーサー仕様とはアイデアが驚きと共に素晴らしいに尽きます。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。